シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ホンダベイでの再会

<<   作成日時 : 2017/08/14 08:38   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと豪華なbreakfastを食べて、ホンダベイへのツアーの車を待っていた。

昨日の仲間があまりにも意気投合して楽しかったので、今回も期待してしまう。

アイランドホッピング自体は、エルニドで最高のやつを体験してきたので、そんなに期待してはいない。

定刻に来た車に乗り込むと、意外に少ない人数だ。

太めの女性を連れたカップルというか夫婦が二組と、オタクっぽい青年二人組。友人かゲイか微妙なライン。

ガイドはやたらテンション高いが、メンバーのテンションは低い。

とりあえず、クルーズ船の出るホンダベイを目指す。

20分ほどで到着。かなり人たちが船を待っている。

船に乗る前に、シュノーケリングの道具を借りろという。

水中メガネとアクアシューズで300ペソ。千円ほど。こういうオプションで金を取られると、がっかりしてしまう。

画像


そこにネックレスやピアス、ブレスレットを売り付けに物売りがやってくる。

彼らも生きるのに必死だ。百人に声をかけても一人ぐらいしか買わないだろう。それでも売り続けているというは、生きていけるぐらいは売れているのだろう。

30分ほどて待たされて、いつものバンカー船に乗り込む。

画像


やはりパッとしないメンバーだ。みんな無口。若者二人は船上でゲームやっている。

最初の島はシュノーケリングする場所。

上陸してみると、かなり巨大なヒップに日焼け止めを塗りたくる白人女性がいた。

まさかのケイティ!

「久しぶりだね。」と声をかけると、驚いて、喜んでくれた。

「私に会いたくて、ホンダベイツアーに参加したんでしょ?」

「それもあるが、飛行機のフライトチェンジができなくてね。」

よく見ると、昨日のメンバーのカップルがいた。ガイドさんも昨日の方。

みんな、クボタサーン、と喜んでやってくる。いいメンバーだ。

画像


少し枯れた珊瑚に群がる魚を見たが、透明度はそんなでもない。

やはりエルニドの方がかなり上。

砂浜にスタイルのいい女性が二人いたので、見ていると、ケイティが後ろから脚をつかんできた。
「ジョーズだと思ったでしょ?」
オチャメなやつだ。

「あの二人見てたでしよ。うちのツアーの子達。25分も待ち合わせの時間に遅れて、ごめんなさいも言わないやつらよ。スペイン人の娘たち。」

「今日のメンバーはつまらないわ。歌を歌うどころか、口もきいてもいないわ。」

「俺のメンバーもつまんなやつばかりだ。昨日は本当にクールなやつらだった。」

二人とも大きく頷く。

二つ目の島でランチ。飯はなかなか美味しい。

桟橋でジャンプしてみてとガイドに言われ、跳んでみたが、びっくりするほど跳べない。体が重い。

画像


ランチしてると隣でカニを手づかみで、激しく食べている海パン姿のおっさんが声をかけてきた。

「あんた、日本人かね?」

そうです、と答えるとガンガン自分のことを話してきた。

浜松から来た元消防士で、66才。引退してからフィリピン通いで、こちらに現地妻もいるらしい。

手をカニでベタベタにしながら、聞いてもないことを次々に話す。

もう百回以上フィリピンに来ていて、今回はマニラで女性を調達して、二人でパラワンへ来たとのこと。
「40年かけて1億貯めたんだけど、この7年で、五千万に減っちまっただら。金は貯まるのは遅いが、出ていくのはあっと言う間だわ。」

あんたは何回めかい?と聞くので、フィリピンは四回目です、と答えると、初心者だなと言う。

「この島は天国だ。毎日酒飲んで、若い女抱けて、死ぬ前にやりたいことやりまくってるんだわ。あんたも女買いに来たんだろ?」

「いえ、エルニドの風景にひかれて。」と答えると、「あっちの方がダメになったんかい?」と下品に笑う。

「結婚してるんですか?」と聞くと、「してるよ。愛はないけどね。日本の夫婦なんてみんなそんなもんさ。亭主の留守がいいってかみさんも喜んで送り出してくれるし。」

こっちに毎月来ていて、こちらの警察に二日ほど勾留されたこともあるそうな。そんな武勇伝を語る人は大抵器が小さい。日本の恥だな。

話を聞くたびに虚しくなってしまった。

彼は鼻腔から、白髪混じりの鼻毛が大量に出ている。

鼻毛が出ている人は自分のことが見えていない人だ。こんな人なら子供も妻も愛想を尽かすことだろう。

寂しさの反動か、金さえだせば、しがみついてくる若い女目当てのフィリピン通い。俗人過ぎて、気持ち悪くなってきた。ある意味文学的だけど。

そこで少し散歩することにした。

するとこんなところで師匠に出くわしてしまった。

画像


おお、ブルース・リー!!

隣にいるのは似てないが、多分ハルク・ホーガン様だろう。

なんか少し元気が出たぞ。


三つめ島には、マッサージやバーがあって、ヤシの木陰も多く、のんびりする島。

画像


画像


ジェットスキーやバナナボートもある。

アクティビティやる気もしないので、バーでビール飲みながら読書。

そして木陰で昼寝。

こういう時間は贅沢でいい。

画像


三時半ぐらいまで、島で時間を過ごし、ホテルに戻った。

もうチェックアウトの時間を過ぎていたが、荷物を預ってくれていた。

プールサイドのシャワールームも使っていいと言う。親切なホテルだ。

5時に空港まで送ってもらい、マニラ行きの飛行機を待つ。

夕飯はこんな感じの寂しいご飯。

画像


8時に飛行機に乗り込み、最後の地であるマニラへ。

この続きはまた明日。

画像






http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ

http://462462abc.blog.fc2.com/ 寺西先生ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホンダベイでの再会 シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる