シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 入学式と桜と美女と人生と

<<   作成日時 : 2017/04/09 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

子供がいるということは、いろんなイベントを再体験できるという意味でも人生に潤いが出てくる。

幼稚園のおゆうぎ見たり、運動会で声を枯らして応援したり、授業参観行ったり、昔の自分の親もこんな思いで俺たちを見ていてくれたのか、とありがたい気持ちにもなる。

先日、かみさんがポツリと、「もう入学式に参加することないね。つまんないな。」なんてことを漏らしていた。

確かに次女が大学へ入学して、これでもう学校というものの入学式には縁がなくなってしまった。

卒業式もあと一回だけ。

咲きかけた桜の下で中学の入学式の記念写真を撮った七年前が懐かしい。

画像



昨日は、かねてより噂になっていた小松イオンモールへ行ってきた。

加賀市のイーオンに毛がはえた程度のものかと思ったら、これがばかデカイ。

三階建ての建物をあちこち歩きまわるだけで、かなりの体力を要した。

しかも映画館もある。そして、ろくな映画をやっていない。

画像


あんまりにも欲しいものがないけれど、来たついでにH&Mとかいう店で、チェックのシャツを買ってみた。

帰りにバガボンドで食事。

昼寝してから、片野から塩屋に続くサイクリングロードを山菜目当てに歩いてみた。

画像


こうやって何か採集したりするために歩くのは苦にならない。

ショッピングモール歩くより、何倍も楽しいし、林の中の空気はいろんな香りを含んでいて、嗅いでいるだけで元気も出る。

釣り竿持って、あちこち歩くのと、山菜採りと、この二つだけでも充分ダイエットできそうだ。

去年見つけたコシアブラを探したが、なかなか見つからず、夕暮れの海だけ見て帰ってきた。

画像


山道にたまにはっとするほど美しい桜が咲いていたりする。

誰に見られることもなく、咲いて散る桜も数多くあることだろう。

美しさを愛でられない桜は、果たして幸せなのか、自己愛だけで生きていける強さがあるのか。

画像


どこか中国やインドの奥地で、はっとするような美しい女性がいて、いい人に出会うこともなく、年老いていくこともあるのだろう。

なんだかとてももったいない気がする、なんて世俗的なことを考えながら、桜を見ていた。

画像


日本では、男性の五人に一人、女性の七人に一人が未婚で終わるなんてデータも出ている。

結婚が全てじゃないが、とりあえず一回ぐらいはしておいて損はなかろうに。


錦城中の新入生が130名ほど、山中は60名ほど。

どちらも俺たちの時代の三分の一ほどの人数になってしまった。

この少子化の時代に塾やっているのは、なかなか大変なことなので、みんな頑張って好きな人見つけて、山ほど子供作ってもらいたい。


そんな少子化のなか、先日、三人目のお子さんがシップスを卒塾されたお母様から、いい香りのするボディソープをいただいた。

何年も信頼し続けてくださって、こちらがお礼すべきことなのに、ありがたいことだ。

四人の兄妹をあずけてくださった方もいらっしゃるし、今年の新一年生にも弟妹がかなり多い。

いい塾のひとつの見わけ方として、弟妹入塾の率の高さが挙げられる。

中には、「お兄ちゃんと比べられるのはイヤだ。」と言って来ない生徒もいるが、上が楽しく通っているのを見て、自主的に通いたいと言ってくる弟妹もかなり多い。

本当にありがたいし、それだけの信頼や期待に応えなければ、という重責もある。

熱く熱く未来を語ろう。世界を語ろう。そして愛に包まれた暮らしの豊かさを語ろう。

人は桜に比べ、咲いている時間が長い。ずっと満開でいられる人に導いていこう。

そんなちょっとかっこいいこと言う俺のために今日もポチリ。




http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ


http://462462abc.blog.fc2.com/ 寺西先生ブログ









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
入学式と桜と美女と人生と シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる