シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS プチメンタリスト

<<   作成日時 : 2016/12/29 08:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は夕食に吉野家へ行ってきた。

年の瀬の吉野家に来る人々は観察しているだけでも面白い。


昔から人を見るというか、人を読むのが好きだ。

先日、俺より20才ほど若い男性たちと飲む機会があった。

そのときに、俺の第一印象聞いてみたら、「こんなに分析するような目で見る人は初めてで、怖いと思いました。」と言われてしまった。

いつも明るく飄々とした感じを出しているつもりだったが、見る人にはバレてしまうのであろう。

画像



吉野家で隣に座った若者たちは粗野な感じで、帽子を後ろ向きにかぶり、穴の開いたジーンズを履いていた。

男二人で来ているのにも関わらず、一人はスマホでゲーム。レアアイテムが手に入らなかったことをしきりにボヤいている。

悲しいぐらいに会話が粗末だった。


逆の隣には、スーツを着たサラリーマン風の男。

30代半ばか。髪はきちんと整えられているが、椅子の上に半分胡坐をかいて座っている。

牛丼の上が真っ赤になるほど大盛りの紅ショウガをかけて、ワシワシと飯を腹におさめている。

仕事ができる感じはしない。できる男はこんなときでもすきのない立ち居振る舞いをするものだ。


あとから入ってきた二人は親子だろうか。

四十ぐらいの冴えないおっさんと高校生ぐらいの娘。

娘の服は地味で華やかさのかけらもなく、表情はかたい。

外がかなり寒かったせいか、ブルブルと震えていた。

それなのに、父親は入口に近い方の席に二人で座り、娘は入口に背を向ける場所に座らされてしまった。

これでは、人が入ってくるたびに、娘の背中に冷たい風が吹きつけてしまう。

この父親のこと、娘は愛していないんだろうな、と会話なく、牛丼を待つ二人を見て思った。


そんなことを考えながら待っていると、俺の頼んだ牛鍋定食なるものが出来てきた。

うっかりと左手の指が鍋に触れてしまい、軽いヤケドをしてしまった。

人のことはいろいろと見ているくせに、自分の行動には無頓着である。

俺の試練はまだ続いているようだ。


昨日の午後に、高一の女子が二人、中三の激励に来てくれた。

シップスの伝統で、頼んでいもないのに、お菓子を持って毎年だれかやってきてくれる。

「ああ、懐かしい。」と呟きながら、少し緊張した面持ちで生徒たちにお菓子を配り、高校の楽しさを伝えてくれた。

「またここで学びたいなあって思います。」と言ってくれた子は、小4から中3までフルで通ってくれた子だった。

来年は誰が来てくれるだろう。きっと一番頑張った子なんだろうな。


女子大生も一人遊びに来てくれた。北海道大学へ今年入った生徒で、美味しいお菓子を持ってきてくれた。

なんとすすき野の飲食店でバイトしていてるとのこと。もちろん高級店だ。

いろんな人を見るいい経験ができていいバイトだと思う。

こうやって、いろんな生徒が年の瀬に訪ねてきてくれるのは本当に嬉しいことだ。

そう言えば竹谷先生もふらりと立ち寄ってくれた。

「近くまで来たもんで。これ飲んで。」とコーラやジュースを置いていってくれた。

相変わらず気の利いた優しい人だ。この優しさと明るさがあるから、彼の塾は流行っているのだろう。

さて、今日で年内の授業はオシマイ。ちょいと気合いを入れて授業やってくるか。

こんなブログで良ければ、下の写真をクリック。全国8位になりたいなあ。




http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年も楽しくブログを読ませていただきました。
来年もすごく楽しみにしています。
実はこのブログで登場するお店や場所にもいってみています(笑)
いつも元気と勇気をいただいています。
8位になれるようポチリ応援がんばります!
おとなりさん
2016/12/29 10:18
おとなりさん、コメントうれしいです。ありがとうございます。

来年も面白い話を書けるように、あちこちに遊びに出かけますね。
くぼごん
2016/12/29 12:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
プチメンタリスト シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる