シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 思い出の町を歩く

<<   作成日時 : 2016/12/22 10:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日はちょっとした用があり、山中温泉へおでかけ。

もともと自分の生まれ育った町なので、出かけるというより帰るという感じがふさわしい。

このブログでもたまに山中のことを書くが、街並みに情緒のある町である。

小学生の頃は、ロープウェーも動いており、この季節には水無山でスキーも出来た。

ボーリング場や映画館もあったし、道は観光客であふれかえっていた。

クリスマスには雪の中、浴衣を着た客が、とんがり帽子をかぶって酔って歩いてのをよく見かけた。

こいこい祭りも今よりずっと盛大で、二か所にやぐらが組まれており、友達とはぐれると出会うのが難しいほど。

今ではしっかりと鄙びた温泉になってしまった。しかしその枯れた感じがまたいい味を出してきている。

画像


総湯の辺りから、昔中学のあったゆーゆー館のところまでかみさんとウォーキング。

ゆーゆー館脇の道の駅に売っている乾燥ゼンマイをオセチ用に買いにきたのである。

道の駅には昔山中に鉄道の駅があった頃使われていた電車が展示されている。「しらさぎ号」だ。

画像


小学生の頃は走っていたが、中学生の時にはなかった気がする。

調べてみたら、1971年の7月で廃線になったとのこと。小6の夏か。

山中は終点なので、線路が最後は丸まっていたようだ。

「線路は続くよ。どこまでもー」と歌いながら、現実は続いていないということを小学生から体験していた。

終点の駅だけあって、いろんな人たちが流れついてきた。うちの旅館にも演歌みたいなドラマを抱えた人たちがやってきては消えていった。

そんなことをこの電車を見ながら思い出していた。

道の駅からの帰り、久しぶりに長谷部神社に立ち寄ってみることにした。

ここの境内はいい木がはえており、セミとか捕って遊ぶのには最適な場所だった。

もちろんお賽銭をあげて、世界平和を祈る。神や仏は信じていないが、世界平和だけはいつも祈る。

画像


子供の頃には気づかなかった凛とした静寂がこの神社にはある。

ジブリの世界のような不思議な光景があちこちに。

苔むした馬や、手洗い場。

画像


画像


殆ど日の差さない境内は、いつもしっとりとした空気に包まれている。

画像


この神社のすぐ前に、新しくできた日本酒バー「縁がわ」があった。

昼なのに営業中だったので、立ち寄ろうかと思ったが、運転するので日本酒飲むわけにはいかない。

今度夜に飲みにこよう。

画像


誰か山中の人、一緒に飲んで泊めてください。面白い話、山ほどしますから。

山中はいつ帰ってもほっとするいい町だ。


観光客のみなさん、山中、山代、片山津へぜひいらっしゃってください。心も体も温まりますよ。


午後から暖かかったので、少し単気筒のバイクで走った。

冬とは思えない柔らかな風が心地よかった。

一日がいつも濃密だ。消えていく日々ではなく、毎日心に何かが刻まれる。

さて、今日はこれからどこへ出かけようか。海に出られない日もやはり楽しみはあるもんだ。


今日はこんなところ。たまにはポチってたもれ。コメントも嬉しいなあ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
“コメントも嬉しいなぁ。”の一言に勇気をだして書いてみました。
毎日のお楽しみブログ&くぼごんさんの大ファンです(๑′ᴗ‵๑)
先月、小松のユニクロのセールで、生くぼごんさんを目撃‼
お声かけしたくて仕方がなかったのですが、恥ずかしくて出来ませんでした。
本物のくぼごんさん、オーラ満載でドキドキものだったからです。
なんだか、また会える気がするのでその時は必ず!と決めています!

あやっち
2016/12/22 20:18
あの日のユニクロでお会いしましたか。

そんな芸能人じゃあるまいし、普通のおじさんなので、お気軽に声かけてくださいな。

コメントはほんと嬉しいです。勇気を出していただいて感謝しております。

毎日書くのはしんどいので、コメントあるとまた書こうと思う気になるんですよ。

またコメントくださいね。
くぼごん
2016/12/23 10:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
思い出の町を歩く シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる