シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS The Sea Is a Harsh Mistress

<<   作成日時 : 2016/02/04 09:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

冬の海をたまに見に行く。

荒れて白波が立った海は、いつも豊富な魚を俺に捕らせてくれる優しい海とは一転して、大きな壁のように人を拒絶している。

枯れた雑草が冬風に激しく揺さぶられるなか、寒さに首をすくめながらしばらく海を見ている。

冬の海は、自分の中にある甘さや弱さ、濁った部分を叱りつけてくれる教師のようなものだ。

少し密度の濃い潮風を大きく吸い込んでから、白い息をゆっくりと吐き出して、海のエッセンスを自分の中に取り込んで帰ってくる。

画像


誰にも甘えたことがないので、辛いときの心の逃がし方が分からない。

声も出さずに音楽を聞きながら、少し泣くぐらいか。


入試前の次女は、若干不安なせいか、毎晩帰宅するとハグしてくる。

かみさんが呆れるほどである。

「おとうとハグすると落ち着くんだよなあ。小学校の私に言ってやりたい、おとうはそのうちとても優しくしてくれますよって。」

おいおい、昔の俺が冷たかったみたいじゃないか、と聞くと、「膝の上に座ると振り落とされたもん。」と言い返す。

そんな記憶ないんだけどなあ。今も昔も娘たちに対する距離感は同じだと本人は思っていたのに。


中二の女子からも、「先生ってなんだかパパみたい。安心できる。」なんて言われてしまった。

きっと俺の中に取り込んできた大きな海が、子供たちを包みこんでいるからかもしれないな。

きっとみんな誰かに甘えたいし、叱られたいのだろう。

親のいない俺は、そんなときに海を見に行くしかないのだ。


昨日、きみえちゃんのカフェに理科の問題持ってお茶しに行ってきた。

画像


ついでにミニクーパーの後部にカヤックのパドルが積めるかどうか、試させてもらった。

彼女のミニは後部シートを倒して荷室を広くしてあるので、そこにパドルとフラッグを置かせてもらった。

どちらもちゃんと乗る。しかもルーフが低いので、カヤック積みやすそうだ。

画像


春になったら、かわいいミニにカヤック積んで、今度は海に甘えに行こう。

そう思った小春日和の午後であった。





http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ

http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ

http://maocream.hatenablog.com/ まおまおブログ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
強さと繊細さが同居している、先生のそんなところが僕は好きです。入試が近いですね。体調を崩さずに頑張って下さい。僕も頑張ります^^ノシ
すけ
2016/02/05 03:41
素敵な親子関係ですね!うちじゃ有り得ませんよ〜
クーパー購入決定ですかo(^-^)o楽しみになりますね♪
なしめぐ
2016/02/05 06:31
すけさん、ありがとうございます。

お互い、周りに迷惑かけないように体調管理をしっかりして仕事しましょう。
くぼごん
2016/02/05 08:16
なしめぐちゃん、いつもコメントありがとう。

クーパーは三月頃に買うかもしれません。

ドライブでも行きますか。
くぼごん
2016/02/05 09:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
The Sea Is a Harsh Mistress シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる