シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 裸と向き合う

<<   作成日時 : 2015/12/23 08:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日は中2のクリスマス会。

みんな弾けて、楽しい時間だった。

遊ぶときには遊ぶ。それがシップスのいいところ。

今日は祭日だけど、中3は追い込み時期なので、さすがに遊べない。

軽いクリスマスプレゼント交換だけして、後は授業だ。

入試終わったら、目いっぱい遊ぼうぜ。


昨夜WOWOWで、「一条さゆり 濡れた欲情」という日活ロマンポルノをやっていた。

こういうものは、恥ずかしさを押し殺して、映画館で見なければならなかったが、最近はテレビで簡単に見られるようになった。あのエマニエル夫人でさえも。

ストリッパーの話だが、もうドキュメンタリーとしての価値が高いんじゃないかな。

あちこちでストリップ小屋が潰れていっている今、こういう映画は歴史的価値まで持ってしまっている。

画像


昔は同級生にも踊り子さんの娘さんがいて、あちこちの町を転々としていたようだ。

監督は知る人ぞ知る神代辰巳。この名字は「クマシロ」と読む。それすら知らない世代が増えてきているだろう。

なんとこの監督の娘さんと、俺の友人が大学時代にお付き合いしていたことがあって、そんなこんなでこの監督の作品をよく見るようになってしまった。

画像


当時の日活ロマンポルノは、裸を見せることよりも、人間の業の深さとか、生きることの切なさなんかが伝わってくる名作が多かった。

今のAVとは全く異なった次元の映画。

今は、ネットで何でも見られるので、親に隠れてエロ本買いに行く必要もない。

性というか裸の価値が安くなってしまった。

その分、草食系男子が増えてきているのは、満腹感があるからか。(笑)

人間にとって性は切り離せるものではない。切り離したら、人類が絶滅してしまう。

人を愛すること、愛するがゆえに相手を求めること、そんなことはいやらしいことでもなんでもない。

性教育なんて言葉はかえっておかしい。愛の教育の方が正しいだろう。

日活の懐かしい作品に触れ、そんなことを思った哲学的なエロおやじであった。(笑)


そんな俺にポチリ。




http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ

http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ

http://maocream.hatenablog.com/ まおまおブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私事ですが!! ロマンポルノは、大嫌いです!!! 非常に、大嫌いです!!
みっつ!!
2015/12/23 09:44
みっつさん、俺も基本的には酷い作品が多いと思ってます。しかし、たまに名作と言われるものあり、確かに心が動かされることもありました。
今のAVのストーリー性のなさよりは、マシなものも多かった気がします。どちらもたいして見ておりませんが。笑
くぼごん
2015/12/23 16:33
『天使のはらわた』『四畳半襖の裏張り』。。。名作も多かった。
旧きよき時代だったのかも知れんな。

飛鳥拳
2015/12/23 17:32
どちらも見たなあ。特に天使のはらわたシリーズ。

昭和の匂いが漂う作品だな。
くぼごん
2015/12/23 18:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
裸と向き合う シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる