シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 言葉を磨く

<<   作成日時 : 2015/09/01 08:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日からいよいよ新学期が始まる。

中3は模試の結果が返ってきて、なんとかしなきゃならないなという思いと、なんとかしなきゃいけないとしっかり思わせることの方が大切だな、という思いが交錯している。

時間かけて教えたりやらせたりすれば、それなりに成績は上がるだろうが、それでは強い心が育まれない。

勉強させる塾より、勉強しようと自分で動ける子を育てる塾にしたい。

ひとりひとりに気持ちを込めて、言葉を入れていこう。

俺には言葉しかない気がする。


言葉を磨くためには、読書は欠かせないツール。

というか、昔から読書だけは飽きずに続いている。

ブラジルへも二冊の文庫本を持っていった。

ひとつは「戻り川心中」。連城 三紀彦の名作ミステリーだ。

ミステリーというより美文に満ちた時代小説。複雑な愛の形をレトロな文で描いている。

あまりにも美文過ぎて、少し鼻につくところもあるが、まことに日本的な美しさと残酷さに満ち溢れた小説であった。

短編集なので、気軽に読める。ご一読あれ。

画像





「恋文」もお薦め。絶対面白いですぜ。


続いてもう一冊は本屋大賞をとった三浦しをんの「舟を編む」。

辞書を作るということの大変さと面白さに恋愛まで絡めた分かりやすく面白い小説。

「戻り川心中」に比べ、美文と縁遠い作品だが、質のいいテレビドラマを見ているような気がする小説。

もう一度辞書を手にとって、ゆっくり読み返してみたくなる作品。

画像





これから少しずつ涼しくなっていくなか、読書の秋を堪能してみてはいかがだろうか。

本好きの方はポチリ。読まない人も気楽にポチリ。




http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ

http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ

http://maocream.hatenablog.com/ まおまおブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言葉を磨く シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる