シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ハムエッグと読書と蒼い朝

<<   作成日時 : 2015/05/18 08:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝五時に目が覚めた。

スマホの波アプリで調べると、橋立の波は0.3m。ベタ凪である。

今日の後半から風が強くなり、明日は海に出られそうにないので、出るなら今朝だな、と昨夜から思っていたのだが、なんかベッドから出る気がしない。

心が釣りモードになっていないときは、カヤックの積み下ろしがめんどくさく感じられるのだ。


昨日の夜7時にブログを更新したので、そこから先に何か新しいことが起きるわけもなく、今朝はルーティンワークとしてパソコンを立ち上げはしたが、何も書くことがない。

とりあえず、朝飯に自分でハムエッグ作ってみた。

今日はとてもいい出来だ。

ハムエッグもベーコンエッグも大好き。

画像


目玉焼きのときは醤油かけて食べるのだが、ハムエッグのときはウスターソースかけて食べる。

ココナッツオイルで目玉焼き作ると美味しいですよ、と教えてくれた教え子がいたが、まだ試していない。

カレーにココナッツミルク入れるのが好きなので、早々に試してみよう。


と、こんなふうな日常的なネタぐらいしか書くことがない。

とりあえず今読んでる本でも紹介するかな。

フェルナンド・フォン・シーラッハの「犯罪」。

本屋大賞の翻訳小説部門で1位になった小説。

ミステリというより、犯罪を犯した人たちのドキュメンタリーみたいな感じの短編集。

人の少しずつ狂っていく様が怖い。

画像


この手の小説ではシンプル・プランも最高に面白かったな。


もう一冊は野田知佑さんの「カヌー犬ガクの生涯」。

椎名誠の友人で、彼のエッセイにもよく出てきた野田さんとガク。

カヌー犬ガクの誕生からその死までを描いた話である。

アウトドア不足のときはこういう本で気持ちを静めるのがいい。

いつかは湖のそばに丸太小屋建てて住みたいものだ。あるいは沖縄移住。

画像


野田さんの文章は気どるところなく、太くて繊細で、読んでいて心地よい。

子供たちにカヌーやカヤックやらせた方が、変な習い事させるよりよっぽど強い人になれる気がする。

毎年三国の合宿で生徒にカヤック漕がせているが、みんな本当に楽しそう。

自由と危険は隣り合わせだということも体験を通じて学べるいい遊びである。

それに釣りを組み合わせれば、命の大切さと食べるということへの感謝も学ぶことができる。


数年前に能登島でキャンプしたとき、明け方4時に上ちゃんと釣りに出た。

あまりに静かな波のない海には星が映っていた。

パドルが水をかき分ける音しかしない暗闇の中を二艇のカヤックは滑るように沖へ出ていく。

やがて少しずつ周りが明るくなり、空気が青く染まっていく。

「きれいだな。」と俺がつぶやくと、「ほんとに。」と上ちゃん。

画像


こんな風景が俺の心のなかには数多く収められている。

その分人に優しくできるのかもしれないな、なんてちょっとかっこつけた感じでブログ終わるか。

俺とともに夜明けの海を見てみたい人はポチリ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハムエッグと読書と蒼い朝 シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる