シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 妻のいない朝に

<<   作成日時 : 2015/01/29 10:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

かみさんが長女の部屋探しのために上京し、次女は今朝寝坊した。

俺は味噌汁作ろうとして、味噌を探すために冷蔵庫をさぐってたら、チリメンジャコの入った容器をひっくり返してしまい、朝から雑巾だしてプチ掃除。

こんなとき、口をついて出てくる言葉は、「やれやれ。」

改めて妻の大切さが身にしみる冬の朝であった。

ということで、今日の一曲目は、サイモンとガーファンクルで、「冬の散歩道」。



きちんと掃除した後、ようやく大根の味噌汁を作り、ジャスコで売れ残って半額になっていたアジの開きをオカズに朝飯を食べた。日本人的幸せ。


自炊といえば、昨日、久しぶりに塾でカレーを作った。

多めに作ったので、生徒たちにもふるまってやった。

みんなきれいに食べてくれた。

「ニンジン嫌いだったけど、このカレーのニンジン美味しくて食べられます。」とか、

「美味しいんで、ペロリと食べちゃいました。」とか、みんなかわいいこと言う。


中2の授業は終わりに紙飛行機飛ばした。

「ハマりますね、これ。楽しい。」と生徒たち。

たった紙一枚でもいい想い出は作れる。


カレー食べたり、紙飛行機飛ばしたり、ダーツしたり、卓球したり、変な塾だけど、想い出だけはいっぱい作れる。


あるお母さんが、こんなこと書いておられた。

「すごくいい塾なのに、周りの友人は、シップスはレベルが高くてうちの子にはついていけんしムリやわ、なんて言うんです。勉強以外にも学ぶこといっぱいあるところなのに残念です。」

分かっていてくださる方が少しでもいれば、元気にこの仕事やっていける。


「うちの子はついていけん。」なんて、怯えが先に立つ親からは、世間に怯える子が育つだけだ。

社会に出ても、「うちの子は世の中にについていけん。」と言い続けるのだろうか。

マラソンだってなんだってついていく気がなければ、脱落するだけ。

何にだってチャレンジさせる子に育ててもらいたいものだ。


さて、昨日見始めた「大人ドロップ」見終えた。

青春映画の定番のようなシーンが多いが、それでも気持ちのいい映画だった。

「僕はその日から自分のために泣くのをやめた。」とか、「もう二度と君を見失いたくないんだ。」とか、臭いセリフも青春の痛さを表わしていて、沁みてくる。

昨日も写真載せた小林涼子、24歳のときに女子高校生役やってたようだが、ドンピシャ過ぎるほどかわいい。

画像


もう一度高校生に戻れたら、なんて妄想してみたが、それじゃあまるで、「ペギー・スーの結婚」だ。

俺はいつでも「いまを生きる」人間でいないとね。

映画オチがついたところで、今日はここまで。

青春時代、すてきな恋をした方はポチリ。異性にご縁がなかった方は激しくポチリ。



石川県ランキングへ










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
妻のいない朝に シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる