シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日の中で

<<   作成日時 : 2014/10/02 08:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

9月の最初に中学でおこなった確認テストの結果を回収したところ、中1の平均点が430点。

450点以上の生徒が、38名中21名というすごい結果。

中2も42名中、25名が400点以上という好成績だった。

「シップスってこんなに楽しいのに、なんでみんなこんなに成績いいんですかねえ。」と不思議がる生徒。

ふふふ、それには秘密があるんだ。

最近、セルフイメージなんて言葉が流行っているが、生徒たちに簡単に100点は取れる、100点を取りに行くことが当たり前だ、というセルフイメージを植え付けているからなんだよ。

事実、数学なんて計算にしろ応用にしろ、決まったパターンでしか出ないし、それをちゃんと飲みこんでいけば、いくらでも100点取れる。

英語は教科書丸暗記して、単元の持つ文法的な意味を理解していけば、これも100点。

社会も理科も基本暗記科目なので、問題集を数冊繰り返しやれば、100点取れる。

国語が一番100点取りづらいが、それでも90点は取れる。

400点は頑張って取るものではなく、普通に取れるものなんだと、ずっと言い聞かせているから、勉強に対するハードルが低くなっているんだろうね。

昨日、自習に来ていた生徒に、「先生の愛を感じるか。」と聞いたら、「はい、ひしひしと感じます。」と答えてくれた。

これも好成績の理由。

自分たちは大切に思われているというイメージが、塾を心地よい場所にさせ、期待に応えようという強い思いへと変わっていく。

代々木ゼミナールや秀英予備校が校舎を次々と閉鎖していっているが、最初に開いたときは生徒のことを思ういい塾だったんだと思うよ。

でも、大きくなって、システム化が進むにつれ、生徒本位から、利益本位に変わっていってしまったのだろう。

テレビでCMやっているような予備校や塾、家庭教師は基本利益主義。

何を与えられるかよりも、どれだけ奪えるかがメインに座ってしまっている。

他県で大学生をやっている生徒が、○光義塾でバイトしているが、「いやあ、まことにひどいもんです。シップスとは大違いですよ。」と苦笑していた。

俺は生徒とのつながりが楽しくて塾やっているので、校舎を複数に増やす気もないし、システム化する気もない。

人なんて多様性のあるものなんだから、システム化できるもので対応できるわけがないんだ。

昨日、確認テストの結果を書く紙に405点と書いた生徒に、「ついに400点超えたな。自習来て頑張っていたもんな。すごいなあ。」と肩を叩いて言ったら、ものすごく嬉しそうな顔をして帰って行った。

これで彼は大丈夫。

もう次からも高得点取れるだろう。頑張ればできるし、先生もすごく認めてくれたというイメージが刻みこまれたのだからね。

少子化という逆風のなか、シップスという小さな船は変わることなく堂々と大海を渡っていく。

乗り込んだ生徒たちはみんな輝く朝日に顔を染めて、未来を見つめている。

さあ、お楽しみはこれからだ。人生をしゃぶりつくすぞ。

画像


なんかかっこいいなあ、俺。(笑)

ということで、二日連続の塾自慢。仕方ない。今日はサカナ釣れなかったので。

画像


ポチリは秋の気配とともに指先を優しく包みますよ。



石川県 ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日の中で シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる