シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 乙なもんだね。

<<   作成日時 : 2013/12/09 16:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は日曜なので、ブログお休みしてしまった。

書こうかな、と思ったけれど、中身が薄くなると中島先生チェックが入るので、やめといた。

この時期はクリスマスも近づき、忘年会もいろいろありで忙しいシーズン。師走だもんなあ。

期末テストの結果も出て、生徒たちも一喜一憂。

中2はかなりいい結果で、平均点411点。40名ほどでこの平均はすごい。

今回は山中が難しいテストだったらしく、点が伸びず、錦城はやや簡単だったようだ。山代や東和はいつも通りかな。


今朝はテレビで柳家 花緑の落語を見ていた。

「火焔太鼓」 うーん、軽過ぎるかなあ。やはり志ん生や志ん朝と比べると少し落ちる。

「中村仲蔵」 これはいい。熱演だった。円生の名演が心に刻まれているが、遜色ないほど良かった。

画像


落語の世界でで重んじられるのは江戸町文化。

常々、談志が、「落語ってのは、イリュージョン。舞台の上に江戸の風を吹かせなきゃいけねえ。」と言っていたが、今日はいい風に吹かれて俺も気持ちよかった。

オタク研究家の岡田トシオと対談する場面もあったが、その中で粋についていい言葉があった。

「100のものを100見せたら、粋じゃない。80ぐらいでやめといて、後に余韻を残すのが粋だ。」

塾も似たようなもんかもな。

100教える塾なんてつまらない。80教えて、後は考えさせた方がいい。

「粋」とか「乙」なんて言葉が廃れないように、豊かな日本文化も教えていきたいもんである。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
太宰治の「魚服記」なんかを読み…
「このあとはどうなるんだよ!分からないじゃないか!気になってしまうじゃないか!」
と勝手にイライラするのか…
「こうなったらいいな、私だったらこうするかな」
と想像を膨らますか…ですかね。

ってか、そもそも前者のタイプの人はこういう読み物をしないのかもしれませんね。

そう考えると、豊かな日本文化ってものは、心にゆとりを与え、無益な争いのもととなる感情を抑え、そして想像力を掻き立てることにつながるものかもしれませんね。
きらく人
2013/12/10 08:33
感情表現は大切だけれど、過度に感情を垂れ流すのは、日本人としていかがなものかと。

やはり想像力は大事で、言わないでも察するだけの人になってもらいたいですわ。
くぼごん
2013/12/10 13:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
乙なもんだね。 シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる