シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 国語ができないって何でだ

<<   作成日時 : 2013/09/18 16:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

国語なんて日本語で書いてある問題に日本語で答えればいいんだから、一番簡単だ。

そう思い続けているんだが、生徒は難しいと言う。

そこで国語の長文の宿題を出すことにした。

せっかく記述の多い問題を選んだのに、空欄にしてくるアホがいる。

「何で空欄にしてきた。」と問い詰めると、「分かりませんでした。」と言う。

分かる、分からないなんて聞いてない。埋めてないことに腹を立てているんだ。

自分の国語力のなさをどうにかしようと思ったら、とりあえず全部埋めなきゃダメだ。

埋めてこない子の共通点。

親が甘い。

時間にルーズ。

プリントなどをよく忘れる。つまり躾がなってないうちの子である。

しかし数回厳しく対応していくと、そのうちどんな問題でも全員書いてくるようになる。

やはり気持ちの問題。書けないというのは、書く気がない、ということなんだ。

国語なんて先生の答えを書き写しても、一ミリも賢くならない。

自分のたどり着かなかった解答へ、先生がどうやってたどり着けたか、それをきちんと学ぶことが大切なんだ。

大抵がヒントの見落としや設問の意味の取り間違えで失点している。

国語とは宝探しゲームなのである。

長文という小部屋から正解というお宝を探す。手がかりはそこいら中にある。

めんどくさがらず、論理的にいつも思考すべきだ。

なぜだ、と聞かれたら、速やかに「ここにこう書いてあるからです。」と言えるほど、答えを詰めてきてほしい。

宿題だから埋めてくるんじゃなくて、自分の答えと先生の答えとの差異に成績を伸ばすヒントがあるんだ。

いろんなことをやらされている感があるうちは、俺の生徒とは言えないな。

それはただのお客さん。お客さんは要らないんですよ、うちの塾には。

いつもピリピリするほどアタマを研ぎ澄まして来てもらいたい。

そう言えば、図書館で借りた片岡義男のエッセイ「洋食屋から歩いて5分」がなかなか面白い。

面白いというより、やはり上手い。

ついつい居心地のよい世界に引きずりこまれてしまう。

こんな随筆書きたいもんだね。

画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
先生の国語に対する意気込み 素敵です

ついて行きます
辰村
2013/09/18 17:30
ついて来られると道に迷うかもです。

そんなこたあないけど、辰村先生の道も指し示してください。
くぼごん
2013/09/18 18:12
「国語が出来ない奴には、英語は教えん!」ぐらい言ったら?
中学でも、それぐらいやっても良いと思う。
うちの会社にも、大学卒業してきたクセに、まともに文章を書けない奴が多すぎる。
書けない。。。と言うより、まともに考えていないんだね。
そんな若者には、文書を印刷させて、赤いマジックで「意味不明」と大書きして返してやる。そこで、ようやく真剣に考え始める。。。困ったもんだね。
他人に、自分の思いを伝える。。。コミュニケーションの基本なんだが…。
飛鳥拳
2013/09/18 18:25
「意味不明」か。いい手だな。そういう怖い大人が減ってきた。きちんと書いてあることぐらい読んでもらいたいものだ。
くぼごん
2013/09/18 20:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
国語ができないって何でだ シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる