閉店ガラガラ

もう数年、このブログを書き続け、おかげさまで北陸ブログ一位になったり、塾ブログ一位になったりもしたのだが、さすがに日々の更新がきつくなってきた。 毎日そんなにいろんなことがあるわけでもなく、小さなことをネタにして、膨らませて書いたり、同じようなことを何度も書いたりしているうちに、書くのが楽しくなくなってきてしまった。 そんな…
コメント:5

続きを読むread more

夢を持てるだけでも

先日釣ったアジを干物にしてみたが、塩加減が難しく、かなりしょっぱくなってしまった。 酒のつまみならちょうどいいレベル。 いい塩梅にする、という言葉からも分かるように、塩加減が一番難しい。 人を育てるにも、塩加減というか、叱る程度がそこそこに難しい。 きつく言い過ぎても凹むし、やんわり言うと通じない場合もある。…
コメント:0

続きを読むread more

映画と夜の交わり

昨日は休日だったので、自宅で映画を見て過ごした。 一本目は、「青空エール」。日本の青春映画だ。 NHKの朝ドラに出ている役者さんたちのオンパレード。 主演が「まれ」という能登を舞台にしたドラマであまりぱっとしなかった土屋太鳳と今の「ひよっこ」で主人公の彼氏役やっていた竹内涼真。 脇役に「ひよっこ」でナバタ…
コメント:0

続きを読むread more

一瞬の輝き

「君の名は」という大ヒットアニメは、男女の中身が入れ換わるという設定が斬新に見えているが、大林監督の「転校生」はそれを35年も前に実写でやった名作である。 先日久しぶりにかみさんとこの映画を見た。 当時17才だった小林聡美と尾美としのりの演技が素晴らしくいい。 特に男になった斎藤一美を演じる小林聡美は、まさに少年が宿っ…
コメント:0

続きを読むread more

うみに行かない人たち

若者の海離れが進んでいるという。 海水浴客が全国的に減って、2000万人から750万人までに減ってしまったとのこと。 逆にナイトプールなど、インスタ映えするものが流行ってきているらしい。 俺たちの若い頃には、夏の海水浴って当たり前のように楽しいイベントだったのになあ。 ビーチでビール飲んで、通り過ぎる女の子のお尻…
コメント:0

続きを読むread more

ごくごく普通の子育て論

いろんな子供たちをお預かりしていると、いろんな子育ての仕方があるもんだなと感心してしまう。 姿勢もよく、約束もきちんと守る子もいれば、時間にルーズで、すぐに出来ないと甘える子もいる。 子供なんて生まれたときは白紙なんだから、親が付けた色がはっきりと出てしまう。 だから生徒たちには、「君たちがしっかりしないと、育てた親が…
コメント:0

続きを読むread more

早くおとなになりたい

昨日、昼飯食べながら、かどや喰堂のマスターと話していて、こんな話になった。 「最近の男の子って、背伸びしなくなりましたね。」 ああ、確かにそうかもしれない。 俺たちの中学生の頃は、少しでも大人っぽく見せたくて、タバコ吸ったり、酒を飲んだり、隠れてバイク乗ったりしていた。しかもスーパーカブ。ww 今の中学生…
コメント:0

続きを読むread more

ロウソクショーと親孝行

山代でもう13年ほど前から、万灯会(まんどうえ)というロウソクを使ったイベントを行なっている。 地元にいながら、見に行ったことはなく、今回たまたま夜の時間が空いていたので、行ってみることにした。 薬王院温泉寺の石の階段の下で、ロウソクが入った紙コップを買い、願いを書きこんで好きな場所に並べる。 ひとつ五百円だ。 …
コメント:0

続きを読むread more

普通のお盆を楽しく過ごす

帰国してすぐに、教え子とお茶飲みに行った。 シップスが前のマンションの一室でやっていた頃の生徒だ。 もう30近くなり、話す内容もだんだんディープになってくる。ほぼ人生相談だ、(笑) なんであれ、こんなじじいに会いたいと思ってもらえることがまことに嬉しい。 そのあと一家で墓参りに行って、日本人らしいお盆を過…
コメント:0

続きを読むread more

旅の終わりに

日本へ帰国する日、飛行機は1時過ぎからなので、のんびりと起きて朝食を探して歩き回った。 最後のホテルは、歯ブラシなどのアメニティもないし、湯沸かしも冷蔵庫もない。 驚いたことに、フロントにかける電話すらないのだ。 朝食もないので、近くで探し当てたマクドナルドに入ってみた。 マクドナルドにはその国のお国柄が出ていて…
コメント:0

続きを読むread more

マニラの夜に架ける橋

プエルトプリンセサからの飛行機は、定刻通りに九時過ぎにマニラに着いた。 空港からホテルまでは10キロ程度。近いのでタクシーで行こうと思っていたら、おばさんが声をかけてきた。 胸のIDカードみたいなのをちらつかせて、「私は空港で認められた業者です。ホテルまでタクシーをお探しなら、玄関まで安全お届けしますよ。」と言う。 い…
コメント:0

続きを読むread more

ホンダベイでの再会

ちょっと豪華なbreakfastを食べて、ホンダベイへのツアーの車を待っていた。 昨日の仲間があまりにも意気投合して楽しかったので、今回も期待してしまう。 アイランドホッピング自体は、エルニドで最高のやつを体験してきたので、そんなに期待してはいない。 定刻に来た車に乗り込むと、意外に少ない人数だ。 太めの女性を連…
コメント:0

続きを読むread more

地底河川と愉快な仲間たち

プエルトプリンセサに来たのは、一つだけ大きな目的があって、世界遺産に登録されている地底河川を見るためだ。 全長八キロ以上あるらしいが、最初の1.2キロだけ手こぎボートで入れるという。 前日にツアーに申し込んであったので、待ち合わせの時間にホテルのフロントで待っていると、一台のバンがやってきた。 中にはびしっりと人が乗っている。 …
コメント:0

続きを読むread more

プエルトプリンセサへ

いよいよエルニド最後の朝。 朝食のときに見るこの風景も見納めだ。 自分の人生の残り時間を考えたら、もうこの土地を訪れることはないだろう。 6時に朝食をとり、荷物をまとめてブログを書く。 幸いこんな辺境の地でもWi-Fiが飛んでいるので、更新できる。 ブラジルでもインドでも更新してきた。世界中でどれだけのWi-Fiが飛んでい…
コメント:0

続きを読むread more

エルニドその五

現地の朝5時過ぎにこのブログを書いている。 こんな異国まで来て、それでも毎日書かなければならないのは正直辛いが、楽しみに読んでます、なんてメッセージいただくと、書かないわけにもいかない。 楽しかったアイランドホッピングの翌日は何も予定がなかった。 せっかく釣り道具持ってきたので、釣りしようと思ったが、目の前の海は浅くて魚がいないの…
コメント:0

続きを読むread more

エルニドその四

昨日のアイランドホッピングの続きから。 カヤックで大暴れして調子こいていたら、最後の島に向かう前にスコールがやってきた。 本来フィリピンはこの時期は雨季。 こんなに晴れていていいはずないのである。 陽が陰って、風が吹き出すと、濡れた衣服が体温を奪い、寒い。 しかし、ガイドは「この島で一時間半過ごしてくださーい。…
コメント:0

続きを読むread more

エルニドその三

朝6時に目が覚めた。 年寄りはいつも早起きだ。 7時からブレックファストなので、三階にある食堂へ。 このホテルは小さな二つのホテルが三階の通路でつなかっており、向こう側に食堂がある。 そこからの風景がダイナミックで、それだけで、最高の朝食になった。 少し休んでから、アイランドホッピングへ。 船であちこちの島を巡るツアーだ…
コメント:0

続きを読むread more

エルニドその二

プエルトプリンセサから五時間かけて車で行かなくても、セブ島やマニラから飛行機で直行便があったのを後で知った。 しかし、旅はお手軽なものより、不便な方が楽しいことがある。 インドで列車に20時間以上揺られて、ジョーホーパルに着いたときの感動は忘れらない。 今回もこんな写真撮りながら、エアコンの寒さに気合いで耐えた五時間はいい思い出と…
コメント:0

続きを読むread more

エルニドへ

昨日の昼にセントレアを出発して 夜の7時過ぎにセブ島に到着。 飛行機の一つ空けて隣のフィリピーナがかわいくて、ナイスバディ。 時折、大きく伸びをするのだが、その度にドキっとするほど、破壊力のある胸だった。 セブ島のマクタン空港からは黄色いタクシーと白いタクシーが出ている。 黄色は高いが安全。白は安いがいい加減。 もちろん白…
コメント:0

続きを読むread more