シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 一瞬の輝き

<<   作成日時 : 2017/08/22 09:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「君の名は」という大ヒットアニメは、男女の中身が入れ換わるという設定が斬新に見えているが、大林監督の「転校生」はそれを35年も前に実写でやった名作である。

先日久しぶりにかみさんとこの映画を見た。

当時17才だった小林聡美と尾美としのりの演技が素晴らしくいい。

特に男になった斎藤一美を演じる小林聡美は、まさに少年が宿ったような名演技。

画像


尾道の坂の多い街並みも美しく、この風景を見るために一度尾道へ行ってみたほど。

まだ未見の方は、是非ご覧になっていただきたい。

ラストシーンには、少しウルっとさせられる。

「さよなら、おれ。」「さよなら、わたし。」は日本映画史上に残る名ゼリフだろう。

画像



少女というのは、一瞬の輝きを持つ不思議な生き物だ。

昨日、芦田愛菜がしゃべくりセブンに出ていて、ブルゾンチエミのマネをやっていた。

これがまあ見事にかわいくて、清楚系お嬢さんの極みというか、背筋の伸びた立ち姿が美しかった。



周りの要求以上のものを見せるプロ根性もスゴイ。

強い意志の力を持った賢い子なんだろうな、と見ていて分かる。

「読書が大好きで、歯を磨きながらも本を読んでしまう。」なんてエピソードも、キュートでいい。

宮崎あおいの若い頃も透明感あって、美しかったなあ。

画像


美少女と言えば、「ポーの一族」のメリーベル。

吸血鬼になってしまったため、永遠に年を取ることのない少女。

画像


この設定は、そのまんま「インタビュー・ウィズ・バンパイア」でも用いられていたが、萩尾望都のパクリだろうか。

調べてみたら、ポーが1972年、映画の原作の「夜明けのヴァンパイア」が1976年。

俺以外にも盗作を感じた人がいたみたいだが、事実関係はないみたいだ。

画像


俺も昔は美少年で、吸血鬼や狼男の不老不死に憧れたが、今は見事に銀髪のじじいになってしまった。

今日はお休みで、気持ちだけでも若返りたいので、青春映画でも見て過ごすかな。

まずは「青空エール」あたりから、見てみるか。


ちなみに好きな青春映画は以下の通り。

「青春デンデケデケデケ」、「ピンポン」、「いまを生きる」、「スタンドバイミー」、「下妻物語」、「ウォーターボーイズ」、「花とアリス」、「GO!」などなど。

今日はこんなところかな。

ぽちってね。







http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ


http://462462abc.blog.fc2.com/ 寺西先生ブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一瞬の輝き シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる