シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 加賀を愛する人たち

<<   作成日時 : 2017/06/19 04:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、縁側で飲んだメンバーが、「加賀の海をもっと知りたい。」と言うので、日曜の朝にボートで沖から加賀をみてもらうことにした。

三島先生は奥様と息子さんもこちらに招いておられたので、ご一家での出港。

それにつばさちゃんとあおいさんを入れて、俺も含めて六人で海を楽しんだ。

まずは福井側の海で少しだけキス釣り。

魚を釣る喜びを味わってもらいたかったのだ。

最初につばさちゃんに大きなキス。

人生で初めて釣りをしたという彼女、なかなかいい運を持っている。

「これがきみのファーストキスだね。」なんておやじギャグを言うと、少し笑ってくれた。

続いて、三島ジュニアにも小さなキス。

そして三島パパは二匹いっぺんにキスを釣って、おやじの存在感を出していた。

画像


釣りだけではなく、ボートも運転してもらい、片野から黒崎、橋立までの景色をゆっくりと楽しんだ。

「贅沢な時間ですね。」と嘆息する東京の人たち。

こんなきれいな海に毎週何度も出られる俺は本当に幸せな人間だなあ、自分でもつくづく思ってしまう。

「夏じゅうずっと加賀で過ごしたいです。遊んでください。」とかわいいこと言うつばさちゃん。

大学の後輩にあたる美人女子大生にそんなこと言われて、おじさんはもう天国気分。


二時間ほど海にいて、戻ってからマリーナでお茶を飲みながら、船を見ていた。

船の並ぶ光景は、これまた何か非日常的で、胸がときめいてしまう。

しかし、このマリーナという仕事、莫大な資産がないとできない。

海に面した広い土地と大がかりな施設、塾を開くのとは訳が違う。

海の仕事は俺には魅力的に映るのだが、後継者を探すのもなかなか難しいらしい。


午後からタビトで、東京から加賀まで500キロほど歩いてきた稲村くんの古民家冒険家としての報告会。

画像



こういうバカみたいなことにチャレンジできる若者がいることがありがたい。

何よりも最近加賀を愛してくれる人たちに出会えることが増えたのが、嬉しい。


さて、このブログ書いてる現在、朝の4時15分。これから海に出てこよう。今朝はベタ凪ぎだ。

今日はここまで。





http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ


http://462462abc.blog.fc2.com/ 寺西先生ブログ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
加賀を愛する人たち シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる