シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS モテ期とカセットテープ

<<   作成日時 : 2017/05/02 11:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今朝は快晴。

朝五時に起きて海へ。いつもの寺西くんと上ちゃんと沖で釣り。

アンカリングしてカワハギ狙うも、エサだけ取られて上手く釣れない。

そのうち俺に小さな真鯛が来て、とりあえずボウズは逃れた。

画像



上ちゃんは30センチほどのアジをゲット。寺西くんはボウズ。それでも海は気持ちいいと言う。

最近は船酔いすることもなくってきたようだ。

それにしても上ちゃんの船酔いはひどい。今日も二度ほど吐いていた。

そんなに気持ち悪くなるなら乗らなきゃいいのに、それでも釣りは止められないらしい。

風を切ってボートで波の上を進むと、少しずつ自分がまた海の男に戻っていく手応えを感じる。

肌の色も日々黒くなっていく。シミやソバカスなんて全く気にもならない。

いい感じでシワも深くなる。男のシワは生きた証。またモテるかなあ。


モテるといえば、高校へ行ってやたらモテ始めた男子生徒がいた。

いつも4人ほどの取り巻きに囲まれているという。

「いいなあ、もてて。」と彼に言うと、「でも、近くで見るとブスばかりですよ。」と贅沢を言う。

「とりあえずどれか一人は行っておけ。」とアドバイスしても、「好みじゃないんで。」なんて消極的だ。

せっかくモテ期が来てるなら、なんでもガンガン行けばいいのに。

積んだ経験は、次の女子に活かされることになる。いつまでもレベル1じゃ、ろくな魔法も使えやしない。


BGMにビリー・ジョエルのプレッシャーがなっている。

先日大量に発見された俺とかみさんカセットテープを聞きたくて、塾に置いてあったラジカセを持ってきて聞いているのである。

画像


CDなどない時代に、レンタルレコード店から借りてきたやつをいろいろチョイスして録音したものだ。

我ながら音楽のセンスがいい。今聞いていても気持ちのいい曲ばかり。

十年ぶりぐらいにカセットテープの巻き戻しという作業をやってみたが、今みたいにすぐに頭出しも出来ず、なかなか時間がかかってしまう。

待つことに耐えられる時代だったんだなあ。アナログでは全てのものが繋がっている。

切れた個々のものではなく、一つの流れがそこにある。

しかもレコードもテープも使えば使うほどすりへってしまい、音が劣化していく。

だからこそ、限られた時間を大切に過ごそうとしていたのであろう。


Asia のonly time will tellなんて流れてきた。ああ懐かしい。でも音がこもっていて悪い。それも昭和の味。



今日は海で4時間も揺られて頭がフワフワしているので、今日はここまで。

短いときでもポチリだけはお忘れなく。






http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ


http://462462abc.blog.fc2.com/ 寺西先生ブログ










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近、コメントがないね〜。

カセットテープか。。。懐かしいな。
レンタルレコード屋からレコードを借りて、カセットにコピーして聴いていたな〜。
IT業界で生きていると、周囲はディジタルだらけ。
だからかも知れないが、アナログという響きが妙に心地よかったりするね〜。
真空管のアンプとでっかいスピーカーで、アナログレコードを聴いている。。。そんな知り合いもいるよ。
『ノイズも含めて、あの独特の音がたまらん!』って言ってね〜。
時代とともに、色んなものが切り捨てられてきたが、残しておくべきものも、いっぱいあるんだろうな〜。

ASIAか。。。俺もよく聴いた。
今でも通勤時に、電車で聴いているよ…。
そういえばジョン・ウェットンも逝ってしまったな〜。
時代は確実に変わっているって事か…。
飛鳥拳
2017/05/03 11:53
最近の生徒たちはレコードを見たことすらないと言う。
フロッピーディスクも知らない世代が増えてきているんだろうな。
昔のパソコンのデータはカセットテープで保存していたなんて、もう信じてもらえないだろう。
くぼごん
2017/05/05 03:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
モテ期とカセットテープ シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる