シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 釣り指南

<<   作成日時 : 2017/04/05 07:45   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

沖縄で釣りを一緒にやった女生徒に、「いろんな魚に出会いたいなら、ちゃんとした釣り具を持ちなさい。」と言ったら、早速ちゃんと買ったというので、使い方を教えることにした。

新しい道具には、未知の魚への期待が込められている。

届いた竿やリールを、彼女は家族に自慢したそうだ。

まずはリールの仕組みとラインの結び方から。

PEライン、ナイロン、フロロの性質の違いと結び方を丁寧に教えた。

船の上で、自分でタックルを準備し、釣りを始められないと釣り師にはなれない。

画像


ある程度ラインを結べるようになったので、次はキャストの練習。

軽めのジグを持って橋立漁港へ出かけた。

春の海は少し荒れていたが、港内は静かだ。一人エサ釣りしているおじさんがいただけ。

竿のしなりを使って、ルアーを真っ直ぐに遠くへ飛ばす、というのはそんなに簡単なことではない。

しかしこれができないと、ナブラがわいたときにボートからナブラの下の巨大魚を直撃できない。

指を放すタイミングが少しでも遅れると、近場にボシャンと落ちるし、早すぎると高く上に上がり飛距離が出ない。

そのコツをつかんでもらうために、何回もキャストを繰り返してもらう。

画像


この単純な作業を彼女はニコニコしてやっている。

よほど釣りが好きなのだろう。

聞けば、おじいちゃんに連れられて、よく漁港で釣りしていたという。

孫と釣りできるなんて、おじいちゃんもさぞや嬉しかったことだろう。


いろいろ釣りを仕込んでいるうちに、うちの娘たちにも釣りを教えたことを思い出してしまった。

どちらかというと、長女の方が釣りにハマり、今でも帰省すると釣りに連れていけと言う。

画像


ワームを使ったメバル釣りが得意で、よく二人で何匹釣れるか勝負したっけなあ。

釣り堀で家族で釣り対決したこともある。懐かしい動画だ。



自然と遊んだいろんな思い出は、大切な宝物になっていく。

釣りを通して、人生のいろんな道理も学んでいくこともできる。


さて、新しいロッドを手にした教え子が、魚を釣り上げることになるのはいつの日だろうか。

その喜びを分かち合いたいと、じいさん先生は思うのであった。

そんなジジイを喜ばせるためにポチリ。






http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ


http://462462abc.blog.fc2.com/ 寺西先生ブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
釣り指南 シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる