シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 捨てられないもの

<<   作成日時 : 2017/04/21 00:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

スポーツスターのタイヤが擦り減っていたので、交換してみた。

リアのタイヤを150から130に変え、より軽く曲がれるようにしてみた。

昨日は天気も良かったので、タイヤの性能を試そうと、寺西くんと三国までツーリング。

北潟湖のワインディングをヒラヒラと走ることができる。

少し冷たい風も気持ちいい。

バイクに乗れる人生って、味わったことない人がかわいそうになるくらい楽しいものだ。

人馬一体なんて言葉があるが、それに近いものがある。

機械と知らないうちに気持ちが通じ合っている。

三国に着いたら、バイクの写真撮りたくなったので、船とバイクでコラボさせてパチリ。

寺西くんはこんな感じで、旅人気分。

画像


俺は男の背中を撮ってもらいたくなり、こんなポーズでパチリ。

画像


ハーレーには革ジャンが似合うな。

三国のカフェでランチを食べて帰宅。

ショートだけど楽しいツーリングだった。またすぐに走りに行こう。


世の中には役に立たなくても捨てられないものがある。

この間、27才のときの定期券が出てきた。

「早稲田  鷺宮」という区間が書いてある。

結婚前に都立家政に住んでいた頃のもので、鷺宮からもそんなに遠くないアパートで暮らしていた。

早稲田にある早稲田アカデミーに日々通い、帰りは麻雀して朝帰り。

そんな日々を送っていた時代のものだ。

27才の自分が書いた名前がそこにある。

30年前の俺は、今の俺を全く想像してもいなかった。

田舎に戻り、こんなに豊かで満ち足りた日々を送っていられることや、結婚して娘が二人もできることなど、知るよしもない時代の俺がそこにいた。

期限切れの定期なんてなんの価値もないが、青春の日々が詰まったその紙切れをなかなか捨てられずにいる。


子供の書いた文字や絵のついたものも捨てられないでいる。

どんな紙の切れ端でも、娘たちの文字や絵があるととっておいてしまう。

俺と言うよりかみさんにその傾向が強いが。

画像


この皮むき器なんて、百円ショップで買ったもので、あまり切れ味もよくないが、未だに台所に置いてある。

娘がこれを使ってジャガイモを剥いている光景がかわいくて仕方なかった。

それを忘れられないのだろう、かみさんがずっととっておいてある。

そんな娘もこの間、大学を卒業してしまった。光陰矢の如し、いろんな時は過ぎ去ってしまう。

ゴミ屋敷になるほど貯め込むことはないが、捨てられない物はあちこちにある。

俺が死んだら、俺のバイクは捨てられてしまうのだろうか。

それとも直して誰か乗ってくれるのだろうか。

そんなことをしんみり考える58目前の俺であった。

たまに切なさの塊になる俺のためにポチリ。




http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ


http://462462abc.blog.fc2.com/ 寺西先生ブログ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
捨てられないもの シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる