シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 春色のシャツを着てタイムスリップ

<<   作成日時 : 2017/02/20 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日はかみさんの買いもののお付き合いで、小矢部の三井アウトレットへ。

女性の買いものについて周るほど忍耐力もないので、一時間後に待ち合わせということで、一旦解散。

広い店内には有名なブランドが山ほど並んでいるが、残念なことに釣り具屋がない。

もともと欲しいものなんてそんなにないので、エドウィンやリーバイスなどのジーンズショップを周って時間を過ごした。

結局、ジーンズ用の皮ベルトと春っぽい黄色に青のチェックの入ったシャツだけ購入。

画像


腹が減ったので、フードコートで海鮮丼を食べてから帰宅。

途中でバイクショップに寄って、心動くバイクがないかをチェック。

画像


ドゥカティのスクランブラーがなかなか渋くていい。

しかし、価格は150万。うー、そんなに高いもの買えないです。

帰宅して、少し休んでからコヤピーへ。

20年ほどぶりで会う同級生がいて、それを機会に中学のプチ同窓会をやることになったのである。

夕暮れの外から見るコヤピーは、温かな居心地のよいおうちであり、なかで働いているマスター見るのも、映画のシーンのようで楽しい。

画像



三々五々に友人たちが集まってきて、昔話に花が咲く。

まずは白ワインを軽く二杯程度。

画像


少し飲んでから場所を変え、居酒屋で本格的な宴会。

みんな高校からは別々なので、40年以上も前の中学時代のことをあれこれ話す。

自分の記憶と違っていることがあったり、忘れていたりすることもあったりしてなかなか面白い。

20年ぶりぐらいに会ったふさえちゃんは、いいお母さんになっていて25才の美人の娘さんがいる。

何人かはおじいちゃんやおばあちゃんと呼ばれる存在になっている。

「久保田くんとは、勉強面でいいライバルやったね。いつも順位とか点数を競い合ってもんね。」とふさえちゃん。

当時は成績が壁に張り出されていたので、誰が出来る子なのかすぐに分かった。

いつも一位だった筒井くんは皮膚科の医師に、二位だった福田さんは漢方医になっている。

三位の秀ちゃんは大成建設、四位の杉森くんは日本興行銀行とみんな出世している。

当時の山中中の出来の良さは驚くべきもので、俺なんてなかなか上位に食い込めなかった。

当時の俺の印象を聞いてみると、「いつも本読んでいるイメージがあったわ。国語の時間に朗読を当てられると、よどみなくすらすら読めるのがすごいと思っていた。」なんて素敵な感想が返ってきた。

しばらく飲んでほどほどに酔ってきたときに、ふさえちゃんがこんな話をした。

「もう自分には帰ってくる場所がないと思ってた。きっと自分に会いたい人もおらんやろうし、仲間に入れないかなあと思って、山中から足が遠のいていたんや。」

「今日こうやってみんなに集まってもらって、すっと昔みたいに話が出来て本当に嬉しい。もういつでも帰って来られるわ。みんなありがとう。」

古い友達というのはいいものだ。

いつでも自分の原点を思い出させてくれるし、懐かしい毛布のように包み込んでくれる。

「俺たちにはそんなに残り時間がないんや。もっとどんどん会おう。」と司が酔って叫ぶ。

嬉しそうにみんな頷きながら、酒を飲み続けた。

画像


早くから飲み始めたので、夜10時半にはほぼヘベレケ。

まことに楽しい夜であった。

今日はこんなところ。ちゃんと買ったばかりのシャツを着て行ったおれは少しかわいいやつ。

そんな俺のためにポチリ。





http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ

http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春色のシャツを着てタイムスリップ シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる