シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 苦い人生

<<   作成日時 : 2017/02/02 09:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

かみさんを空港に送った帰りに、コメダ珈琲店でモーニング食べながらこのブログを書いている。

朝飯を食べてから出てきたのに、ゆで玉子につられて、ついついモーニングセットにしてしまった。だって無料なのだもの。

画像


温かいゆで玉子に食塩振りかけて食べるのって、とても幸せな気分になる。

東京競馬場で負けて金がないとき、いつもゆで玉子食べていたことを思い出す。

そのときも少し幸せな気持ちになって、軽くなった財布とうまくいかない人生の厳しさを少し忘れることができたものだ。

五分ほどで出てきたコメダの珈琲は思ったより苦くて、ありがたかった。

それにしても麦酒や珈琲なんて苦いものをいつから好むようになってしまったのだろうか。

大学入る前は、珈琲に砂糖とミルクをいっぱい入れて飲んでいた気がする。

その頃、一緒に喫茶店へ行った友人が、ブラック珈琲を飲むのがかっこよく思えて、真似したことからブラック好きになったのだろう。

男はやはり見栄っ張りじゃなきゃ駄目だな、と思うことがよくある。

ジュリーの歌にも、「せめて最後はかっこつけさせてくれ♪寝たふりしてる間に出て行ってくれー♪」という歌詞があるが、カッコ悪いことに対して敏感じゃないと、あまりモテなくなる。

麦酒は大学の先輩に飲まされているうちにそこそこ好きになってしまった。ただ腹にたまるので、あまり飲めないのが難点。

タバコはもう全く吸わないが、長く美しい指を見せつけるため、ラークの長いやつを、ジッポーで火を点けて吸っていたことがある。

麦酒にタバコにブラック珈琲。

これでそこそこ大人になったと思い込んでいた大学時代の俺。

思い出すとかわいくて抱き締めたくなる。自己愛強すぎやろ(笑)

とにかくカッコいい大人になりたくて、今までずっと悪あがきしてたのが、俺の歴史なのかもしれない。

おかげでいろんな友達も出来たし、女性にもよくモテた。

見栄はって遊んできたことが、いい肥やしになり、いつくもの笑いジワが顔に刻まれていった。

先日面談したあるお母様が、「うちはあまり裕福ではないので、遊びに行くぐらいの気持ちなら大学やる気はありません。」と強い口調で息子さんにおっしゃっていたが、俺なんて、遊びに行く気満々で大学に通っていた。

遊ぶということでしか学べないことも多い。遊ばない人生を経験すると、人当たりもきつくなる。

ん?

そろそろコメダも混んできたな。

老人たちに席を譲って、退散することにしよう。

ということで今日はこんなところ。

ポチポチしてね、あなたの指で。





http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ

http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昔、お付き合いしていた男性も同じような事をいっていました(笑)一生懸命かっこつけてると…。
懐かしい気持ちでコメントしています。
やはり元気がもらえて、素敵なブログです!!
ポチリで応援しています♪
おとなりさん
2017/02/02 10:16
ありがとうございます。コメント嬉しいです。

男は悲しい生き物で、いつも強がってかっこつけてるんですよ。

ホントは泣きたいくらい辛いときもあるのに。
くぼごん
2017/02/02 13:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
苦い人生 シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる