シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹に願いを

<<   作成日時 : 2017/02/11 09:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は上ちゃんたちと朝飯食べてから、大聖寺へ御願神事見に出かけた。

この行事を知ったのは、恥ずかしながら数年前のことで、それも東京から来ているかみさんの友人に教えられてのことだった。

雪が降るということで、もこもこになるほど着こんで出かけた。

会場に着くと、向こうで誰かが手を振っている。あ、飯貝先生だ。

でかい一眼レフ持って奥さんとお子さん連れて来ていた。

画像


この行事は半裸の男たちが竹を叩き割るという豪快なものなので、写真好きにとってはたまらない被写体であふれている。

あちこちにカメラを持ったおっさんたちがいて、パシャパシャ写真を撮っている。

俺も負けずとシャッターを切る。

シャッターは「押す」のか「切る」のか、表現で迷うところだが、やはり瞬間を切り取るって雰囲気のある「切る」を使う方が好きだ。

まずは燃え盛る炎を背景に迫力のある一枚。

画像


俺の五十肩を治してくれた中谷接骨院の若先生も参加しているので、鍛えた肉体をパチリ。

細マッチョでかっこいい。

画像


竹を割るところを見学に近所の幼稚園児たちが大勢来ていた。

真剣に見守る表情がかわいい。

画像


宮司さんたちの衣装もいい。

神社の門で荒ぶる若者たちを待ちかまえる宮司さんたち。

画像


竹割が終わると、大きな綱を大蛇に見立ててみんなで退治し、川へ投げ込む。

雪の中、綱を持ち街へ繰り出す若者たち。

画像


そして、橋の上から投げ込む。

画像


今回は落ちた綱が見事にヘビのように流れて行った。

画像


例年この綱を追って、数人が川へ飛び込むが、今年はなかなか誰も行かない。

見物人の一人が、「なんや、今年は根性ないやつらばっかやな。」と呟く。

それを聞いたわけではないのだろうが、一人がおずおずと入水。

そのあと一人がジャンプして飛び込んだ。

今年は例年に比べ、マスコミも多く来ていたようだ。

終わったあとにインタビューを受ける若者たち。

画像


ローカルな感じの出ている女子アナが親しみやすくていい。

見学に来ていたおばさんたちは、境内で割れた竹をもらい、御守りに持ち帰っていった。

画像


そんなこんなで今年もめでたく御願神事終了。あ、おねがいごとするの忘れた。(笑)

俺のお願いはみなさまのポチリ。

今日はこんなところ。




http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ

http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎年恒例行事になりましたねー!
なしめぐ
2017/02/11 22:26
毎年お兄ちゃんの裸見に行ってますわ。

来年も行きますよ。
くぼごん
2017/02/12 10:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹に願いを シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる