シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Coffee & cigarettes

<<   作成日時 : 2016/12/14 09:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は母の命日だったので、母の好きだった花を買って墓参りしてきた。

小雨降る中、墓着くとお供えの水が既に置いてあった。生前愛された母なので、きっと誰かが置いていってくれたのだろう。

手を合わせて、深く感謝する。

今の俺が楽しく幸せに生きていられるのも、母が厳しく育ててくれたおかげだ。

社会に出て、厳しい人に出会っても、へこたれず済んだのは、小さい頃に鍛えられたからであろう。

一番多く学んだことは自己犠牲の精神かもしれない。

先日塾長忘年会で、コンパニオンのお姉さんに、「優しい感じがします。」と数回言われてしまった。

優しさと怖さが同居したいいおじさんになれたのも、母のおかげ。

そういえば生まれてから一度も母とケンカしたことがなかった。

あんなに必死に働いて子育てしてきた人に、俺が文句言うなんてできるわけがない。

もしあの世があるのなら、きっと向こうでも人のためにこまめに働いていることだろう。


サイフォンコーヒーの話を書いたら、何人かの方からメッセージをいただいた。

「子供のころ、実家にあって、ランプの火を消すのが、私の役目でした。」とか、

「サイフォンは母方の祖父が愛用していて、祖父宅に行く度に入れてもらえました。私にとってサイフォンは思い出の品です。」とか、

みんないい思い出と結びついているみたいだ。

手間暇かけて飲むことを楽しむサイフォン。かかった時間だけ味も思い出も深くなるのであろう。


画像



昨日、Facebook で喫煙に関してこんなことを書いた。

「俺はタバコ吸う人が苦手だ。

先日、旅館に泊まったときも、風呂上りにビール飲んでたら、近くでことわりなしにタバコ吸われた。

俺の洗いたての髪がヤニ臭くなっていくのが、感じられ、ちょいとイラついた。

夜も二次会行ったら、隣でタバコ吸われた。お気に入りのセーターがヤニ臭くなるのも耐えがたかった。

みんながいる場所ではせめてことわり入れて欲しい。

「吸ってもいいですか。」と聞かれれば、「いやです。」とはっきり答えるから。

俺も昔愛煙家だったけれど、今、タバコを吸う文化は町にはない。吸うのは勝手だが、誰にも迷惑かからない場所で吸ってもらいたい。」

多くの人から反響があり、やはりマナーが大切であると指摘される方が多かった。

子供の頃、大人は殆どタバコを吸っていた気がする。オヤジは缶ピース吸っていたし、女性でも吸う人が多かった。

昔のテレビドラマ見ると、新聞社なんてもうもうと煙が立ち込めている。

くわえタバコで原稿を書くなんてシーンも多かった気がする。

タバコという文化は好きだし、美味しいということも知っているが、やはり匂いが人の迷惑になるということをわきまえてもらいたいと思う。

特に食事の場で吸われると、料理の香りが味わえず、残念な気持ちになる。


タバコの税金は年間二兆円を超える。地方税にも当てられているので、タバコは地元で買うといいらしい。

高い税金払って、健康を害して、周りから煙たがれ、そこまでしてタバコを吸う勇気がないから、俺はタバコを止めた。

酒もタバコもなんでも、中毒になれば、それなしで過ごせなくなる。それも自由がなくなる感じがしてイヤだな。

画像


ハンフリー・ボガードやスティーブ・マックイーンはとてもかっこよくタバコを吸っていた。

映画好きの俺はそれに憧れて、大人になったらかっこよくタバコふかしたいと思っていたのだが、今の世の中、それがかっこいいことではなくなってしまった。

まあ、人の嗜好に文句つけることはないけれど、どんなときでも気配りは大切ってことだな。

今日はこんなところ。いつも通りポチってください。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Coffee & cigarettes シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる