シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 定期テストで腰を憂う

<<   作成日時 : 2016/11/29 09:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

体重がなかなか落ちない。ちゃんと有酸素運動やって、カロリーも取り過ぎていないのに、減らない。

頑張っているのに成績がなかなか上がらない生徒の気分。

しかし、俺の心は強く太いので折れることなく、節制を続けていける。

結果がすぐ出なくてもやっていることに信念を持ち、続けること。これは大切なことだ。

今日は1000キロカロリー以下に抑えて、がつんと減らしてみよう。


今、期末テストのど真ん中で、生徒たちはかなり自習しに来ている。

口癖のように言うのは、作業するなということ。やった気になって力のつかない勉強の仕方はダメだ。

ただ問題集を順番にこなしていくのではなく、自分のできる問題は積極的にやらないことだ。

苦手な問題中心にじっくりと考えて、それでも分からなければ質問に来ればいい。

ところで、かねてより疑問なのだが、なぜ中学によって定期テストの日程がバラバラなのだろう。

教材もカリキュラムも同じなのだから、日にちを決めて一斉実施すれば、分かりやすいし、テスト問題も同じものを使えば、各中学間の学力も比較できて面白いと思うのだが。

各先生が作る手間も省け、一石三鳥ぐらいの良さがあるのに、なんでやらないのだろう。

企業も生徒も競争原理が働かないと強くならない。同じテストなら加賀市トップ10とか決められるし、できる生徒を表彰したり、図書カードあげたりすればいいのになあ。俺も加賀市から表彰されたいなあ。(笑)

運動はやっただけ誉められるのに、勉強はやればガリ勉と呼ばれる。

こんな理不尽なこと続けていたら、優秀な人材が育たなくなる。世の中筋肉バカばかりになってしまう。

画像



理科で仕事の計算ができない子がいる。そんなに難しくないのに大変なことだと思っているようだ。

縦の運動は質量×移動距離、横の移動は摩擦力×移動距離、坂でかかる力は、質量×高さ÷斜面の長さで出てくるし、動滑車は力半分距離二倍と覚えておけば、大抵の問題は解けるはず。

食わず嫌いしないで、20問ほど解けば楽しくなるのになあ。

画像


こんな絵が問題に出てくると、計算結果より先に、「この人、腰をいためないだろうか。」と心配してしまう。

仕事より体をいたわる年齢になってしまったからか。(笑)


まあ、やっただけ評価される定期テストは自己肯定感を生みやすい。

悔いのないようにとことんやってみて欲しい。


今日はこんなところ。釣りもできないとつまんないこと書いてしまうなあ。

それでもポチリは忘れずにね。




http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ

http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
定期テストで腰を憂う シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる