シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 証拠写真

<<   作成日時 : 2016/06/17 06:48   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は風が強くて海へ出られなかったので、おかっぱりで釣りしようと、マリーナのボートへ竿を取りに行った。

「お茶でも飲んで行きませんか。」という吉崎屋さんの優しいお言葉に甘え、マリーナの事務所でしばらく釣り談議。

それから塩屋の河口へ行き、少しルアーを投げてみる。

画像


この場所は、両岸に船が係留され、なんだかいつも優雅な景色である。

目立った建造物も目に入らないので、ここが加賀市であるということすら忘れさせてくれる。

景色はいいが、何のアタリもないので、新堀川へと移動。

ここでワーム投げれば、スズキの小さいやつがたまに釣れる。

いつもキャストする橋の下には、先客がいた。裸足でまったりと置き竿で釣っているじいさんだ。

画像


「何か釣れましたか。」と聞くと、「なあんも。」と弱弱しく首を振る。

彼の近くで30分ほどワーム投げてみたが、またもアタリもなし。

ここも諦めて、柴山潟へ。

片山津の新しくできた総湯の裏が釣れそうな気配があるので、そこで少し遊んでみることにした。

柴山潟の水はあまりきれいではないので、釣るだけの楽しみ。釣れた魚はリリース。

釣り場につくと、大きめのミシシッピーアカミミガメがこっちを見ていた。

目が合うと、ものすごい勢いで手足をバタつかせて水に潜ってしまった。君を釣る気はないのになあ。

水面から突き出た小さな棒の上にトンボが一匹。この時期にもうトンボとは。

見慣れたトンボではないので、よく観察して見ると、シッポの先が平たい。

確かウチワヤンマとかいうトンボだ。早速スマホで調べてみる。間違いない。

画像


昔から虫好きで、図鑑をいろいろ読んでおいてよかった。いろんな知識が俺を形作っている。

そんな俺の目の前を悠々と大きな鯉が泳いでいった。

今持っている竿ではそんな大物は釣れない。鯉のいないところにワームをキャストする。

数投したら、なんかアタリがあった。もう一度同じ場所に投げると、ブラックバスがヒット。

20センチほどのやつだ。取り込み前にジャンプしてフックを外して逃げていった。

ブラックバスがいたので、ワームからやや高めの千円ほどのミノーに換えて、キャストしてみる。

数投すると、どんと大きなアタリ。慌ててフッキングさせると、どんどんラインが引き出されていく。

しばらく格闘して、寄せてみたら、でかいシーバス。スズキさんだ。

柴山潟は汽水湖で、やや塩水も混じるので、海の魚も川の魚もいる。

そんなに大きな魚を釣るつもりはなかったので、糸も細いし、竿も弱い。

オマケに手すりがあって、簡単に魚を取り込めない。

これは釣り上げることは無理だな、と思い、写真だけ撮っておくことにした。

画像


ぎりぎりまで寄せて、ルアーだけでも回収しようとしたが、激しく抵抗され、千円のルアーとともに巨大魚は水中に消えて行ってしまった。

それなりに興奮したので、まあいいか。

ふと水面を見ると、先ほど逃げ去ったカメが、また水面から顔を出してこっちを見ている。

ほんの少し笑っているような気がした。(笑)


夜も釣りしたかったが、雨で諦めた。波がある日は柴山潟で遊ぶことにしよう。

そんな釣りバカの俺にポチリ。ポチリ少ないと、書く気が起きないんですよ。




http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ

http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
証拠写真 シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる