シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 女性は運転するなってさ

<<   作成日時 : 2016/02/25 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨夜降り積もった雪は、低かった気温のせいでさらさらしたパウダースノー。

庭先の枝をこつんと揺らすと、ぱっと粉雪が散る。

白と黒だけの水墨画のような風景は、潔いというかシンプルで美しい。

画像


今日はいよいよ国立大学の二次試験。

うちの次女も少しビビリながら、受けに行っていることだろう。

東京はどうやら晴れているようだ。無事受け終わることが出来ればそれでいい。


この国では頑張った女性にはいろんな機会が与えられる。

昨日、「少女は自転車に乗って」というサウジアラビア映画を見ていた。

画像


少女がいろいろ頑張って自転車を手に入れる話だが、サウジアラビアにおける女性の地位はものすごく低い。

選挙権もなく、車の免許も取る権利がない。

一夫多妻制で、男の子が授からなかったというだけで、旦那は第2夫人を作ってしまう。

結婚前の男女交際は法律で禁じられており、フェイスブックで男の子とチャットしていたのを見つかった娘は、実の父親に殺されてしまった。

その場合も、「名誉殺人」ということで、家族の名誉を守るために父がやったこととして無罪になってしまう。

結婚前に男性と性的関係にあったと知られた場合、女性は絞首刑や斬首刑に処せられる。

未だに見せしめのために公開処刑する制度もある。

レイプされても、男性は罰せられない。

誘惑したとして、レイプされた女性が罰せられてしまう。

こんな国がいまだ存在してしまうことが、不思議で仕方がない。

石油を持っている国なので、他の国もこの件に関しては圧力をかけづらいらしいのである。

娘を二人を持つ俺としては、女性のこんな扱いを許している国に対して憤懣やるかたない気持ちを感じてしまう。

ゴルゴ13でも雇って、サウジアラビアの政治を根幹から変えていくしかないのだろうか。

宗教も政治も、人を幸せにするために存在するのであって、人を縛り付けたり苦しめたりするためにあってはならないのだ。

映画自体は明るい少女のタフさが描かれていて、面白いが、その背景にある厳しさにぞっとする。

いつの日か、誰もが何の拘束も受けず、自由にふるまえる世界にならないだろうか。

映画を見ながら深く考えてしまう俺であった。





http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ

http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ

http://maocream.hatenablog.com/ まおまおブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女性は運転するなってさ シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる