シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS プレゼントよりはプレゼンテーション

<<   作成日時 : 2016/01/27 09:52   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

月曜に小6で、「好きな本をみんなに薦めよう」というプレゼン大会をやった。

自分の好きな本を一冊持ってきて、それについてその面白さをみんなの前で語るという企画だ。

大人になって仕事でプレゼンする機会もあるだろうし、人前で話すことのスキルはいろんなことに役立つものだ。

俺なんてそのスキルだけで30年もこの仕事やってきている。

子供たちの選んできた本は千差万別で面白かった。

「星と神話」、「バケモノの子」、「とっておきの名探偵」、「電池が切れるまで」など個性がそのまま出ていた。

俺的に一番ウケたのは、「手筋の教科書」。

画像


羽生名人の書いた将棋の指導書である。

「この本は将棋の初心者には難しいかもしれませんが、なかなかいい本です。」と紹介しているのが小学6年生。

深く語れる趣味を持つって本当に素晴らしいことである。オタク万歳!

画像


俺もプレゼンのお手本として、「デューン砂の惑星」について熱く語らせてもらった。

かみさんと二人、一時ハマって全巻読み通した本だ。

今でもこの中のセリフを気に入っていて、先日もクルマの中で使っていた。「恐怖は心を殺すもの」ってやつだ。

画像


尊敬する父を策略で殺された息子の復讐譚であるが、これがまことにスケールが大きくて面白い。

デヴッィド・リンチが映画化したことでも知られているが、このときの主役は後に「ツインピークス」で大ブレイクするカイル・マクラクラン。

そして敵として出てきたのが、あのポリスのヴォーカルだっスティング。

主人公を鍛える父の副官役に、スタートレック・ネクストジェネレーションで艦長やっていたパトリック・スチュワート。

画像


本も映画もどちらも楽しませてくれた。

あ、映画の話に脱線しそうだったけれど、たまにはこうやって子供たちにプレゼンさせるのもいいなあって思った。

「次回は先生みたいに好きな本についてもっと熱く語りたいと思います。」と感想の紙に書いてあった。

よし、そのうち第二回もやってみよう。

こうやってシップスではいろんなチカラを伸ばしていくのであった。

ということで、今日もポチリング。




http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ

http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ

http://maocream.hatenablog.com/ まおまおブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレゼントよりはプレゼンテーション シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる