シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS クラス分け

<<   作成日時 : 2015/09/03 09:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

昨日、中3初回の授業。クラス分けを発表した。

試験の結果による公正なもので、点数だけでびしっと分けた。

初めてBクラスになった女生徒は泣いていた。教室に入りたくないとも言っていた。

寺西先生がそれを見ていて、「俺も塾生のとき、クラス下がって、同じ気持ちでした。入るのをためらっていたら、久保田先生にどやされました。」と言っていた。

悔しさが一番のバネになる。

自分の居場所は自分で手に入れるしかないんだ、クラスも高校も、そして仕事も。


うちの中3は62名もいるが、偏差値50を割る生徒は20%しかいない。

55以上の生徒が過半数を占める。

別に出来る生徒集めて塾やっているわけではないのだが、出来る生徒にとって居心地のいい塾であることは確かだ。

難しいことにチャレンジできるし、競うライバルも山ほどいる。


入試まであと半年。

そんなにあせる必要はない。毎月1教科4点ずつ上げていけばいいだけ。

5教科で20点。半年あれば120点も上がる。

苦手教科ほど出来ていない部分があるから、上げることもたやすい。

高校という人生最初の選択肢で、妥協しないためにも、ひたすら自分と向き合って、弱さを叩きつぶしてもらいたい。

画像


たまには塾の先生みたいなことを書く俺であった。

そんな俺にもポチリ。




http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ

http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ

http://maocream.hatenablog.com/ まおまおブログ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
できない生徒はどうなるんでしょうか?
自分でやるしかないのですが、何だか目にかけてもらってない気がして残念に思いました。
ナースママ
2015/09/03 11:39
できない生徒に目をかけてないなら、みんなすぐにやめてしまいますよ。
できなくてもやる気のある生徒にはとことん付き合っています。
何度も再テストもしていますしね。
やる気のない生徒に関しては、無理に教えることはしません。言ったことすらやらないのなら、伸ばしようがありません。
くぼごん
2015/09/03 14:58
私だったら娘に
「本番じゃなくてラッキーだったじゃないの〜」って笑顔で背中ポンです。
這い上がってくることを信じていますから。
それ以前に、我が家の娘の場合はクラスが下がるような事態にならない様に努力しますし、努力させます。テストの点数が伸びないのは原因があるわけです。
「やる気」は、家庭内でスイッチを押し続けることが大切だと自負しております。通塾はさらに開花させるための手段の一つだと私は思います。


らんママ
2015/09/04 11:54
ウチは前のテストでBクラスになりました。悔しさよりも自分にはAクラスに行くには、まだまだ努力が必要だと実感したようです。どのクラスになっても勉強する姿勢が大事なような気がします。悔しさも気づきも本人の起爆剤になればいいなと思います。
あやぶう
2015/09/04 18:42
何でも自分の成長に取り入れればいいんです。

下がったら上がればいいし、できないことはできるまでやって自信つければいい、

勉強しない子の原因は家庭内の信頼関係不足によるものが大きいかもしれません。

しっかりと親子が向き合って、話をして、将来を考えていけば、大切なことが見えてくることでしょう。
くぼごん
2015/09/04 18:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
クラス分け シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる