シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS スマートボールライフ

<<   作成日時 : 2015/06/09 09:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

祭のときにスマートボール屋を見かけた。

うちのかみさんはこれが好きで、子供の頃、熱くなってかなり金を突っ込んだと言う。

画像


弾かれた玉は、あちこちのピンにぶつかりながら、どこかの穴に収まるか、下のアウトゾーンへ落ちて行くかする。

人の人生なんて、所詮このスマートボールのようなもの。

大学出て、弾かれた若者という玉は、あちこちにぶつかりながら収まりのいい穴を探す。

穴が小さ過ぎてはまらない場合もあるし、広すぎて居心地が悪い場合もある。

なんどかぶつかり続けて、自分にふさわしい穴を見つけることが出来たやつは幸せだ。

中には見つからないままアウトゾーンに落ちていくやつもいる。

そうなったらもう一度弾かれるように飛びだすのもいいだろう。


大学生は3年生くらいになると就職の心配して、早く内定取りたがるが、人としての基本がしっかりできていれば、この世の中どうにでもなる。

そんなに大手の会社なんぞにしがみつくことはない。

石の上にも三年と言うが、それもウソ。

会社つまんなきゃすぐ辞めちまえばいい。

ちゃんとしているように見える大人は、ちゃんとした仕事に就きなさいと言うが、そう言う大人に限って、つまんない人生をガマンして、ただ時間を擦り減らしているだけの生き方をしてたりもする。


俺も大学出たときに塾の先生になるなんて思ってもみなかった。

あちこちぶつかり続け、この仕事に就いたのが25歳のとき。

やっと仕事が面白いと思えるようになった。


ゲーム会社→教材販売→ハサミの営業→ウォシュレットの営業→塾講師なんて道を歩んできたが、あちこちでぶつかったことは、自分を鍛えこそすれ、なんのデメリットにもならなかった。

人と自分を比べることは愚かである。

学生諸君は生きることの価値に対してもっと哲学的になるべきだ。

線路に乗り続けていけば、確実に駅には着くが、途中の風景を肌で味わえないことも多い。

画像


生きることは型にはまったものではない。

もっとしなやかで美しいことなのだ。

己という人間の価値を本気で考え、その力を余すことなく使える場所を探し続ければいい。

生きることに前向きなら、そのうちどうにかなるもんだ。


ということで、今回は短めのおっさんの説教。

最近ポチリが足りなくて悲しい。書く勇気をください。




こちらのバナーもお暇なときにポチリ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


http://schoolwake.com/ 上原先生ブログ


http://ameblo.jp/462462abc/  寺西先生ブログ

http://maocream.hatenablog.com/ まおまおブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
子育てに悩んでいたので、今日の説教👍タイミングで元気もらいました。ありがとうございます。
パン
2015/06/09 10:10
納まりのが良く、自分にふさわしい穴。娘も探し当ててもらいたいと願っています。。
小6の娘、少し自分に甘いんです最近。勉強は毎日2時間弱程、宿題含めて復習を中心に頑張っているのですが・・・。振り返りの感想を書くと「きちんと書けた」「頑張った」とかばかり。
「何をきちんとしたの?」「何を頑張ったの?」と質問すれば、具体的に答えるのですが、詳しく書くことを省略します。
どうしたら、書くようになりますかね?
先生の指導方針のように「覚えられないなら、寝ずに覚えろ」的に「詳しく書かないなら、寝かせない」を試そうかと思案中です。
何か、アドバイスいただけると嬉しいです。
ランまま
2015/06/09 11:04
こんにちは。いつもブログ読んでいます。今日は、かなり心に響きました。ランままさんのコメントを読んで、まさに今うちの小6息子が同じや〜!!と思いました。感想や、振り返りの文はいつもありきたりの言葉を並べています。その文や字体から面倒くさい気持ちも伝わってきます。久保田先生のアドバイスを私もいただきたく、初コメントしました。
amo
2015/06/09 15:17
パンさん、コメントありがとうございます。

お役に立ててよかったです。たまにはこんなこと書いてみるもんですね。
くぼごん
2015/06/09 16:53
ランままさん、コメントありがとうございます。

小6で毎日二時間はすごいですよ。

うちの一家は誰もそんなに勉強したことないです。

書くまで寝かせない、は絶対ダメです。ますます表現が嫌いになってしまう恐れがあります。

なぜ詳しく書けるようにしたいのですか。

その点が明確にお子さまに伝わっていますか。

表現する喜びをどんな形で評価してきましたか。

書くことをめんどくさがる理由はどこにあるか、分析してみましたか。

全て子供の責任ではないと俺は思います。

そうなってしまった過程があって、それを改善していかないと、何も変わりません。

生きることは表現すること。

勉強できることより大切かもしれません。

まずお子さんと向かい合って、ちゃんと書かない理由をつかんでくださいね。
くぼごん
2015/06/09 17:20
息子のスポーツチームの中での話ですが、あるあだなを(私からするとかわいいあだ名なのですが・・)チームメイトからつけられ、それがショックで腹が痛いからお休みする、行きたくないから今日お休みする・・ということが最近続いているそうです。見兼ねてか、その子の母親はチームメイトにそのあだ名で呼ばないで欲しいと子供たちにお願いしたそうですが、その母親の対応にチーム内で賛否両論です。
今のご時勢、そんなもんなんでしょうかね。
・・・とつぶやいてみました。
ちょっとしたつぶやきです
2015/06/09 17:20
石の上に三年、会社嫌ならやめていい、については私は正反対の考えです。
職場にも毎年新人さんが入ってきますが、共通して言えることは自分に甘いことです。きつい、無理、大変等々。ゆとりだから仕方ない?
仕事には厳しさもあります。それに向き合えない子が多い。大事にされすぎてる印象。
世の中色々な人がいて色々な考えがあるので、あくまで私個人の考えです(苦笑)
ブログの内容と論点ずれてたらすみません〜💦

ナースママ
2015/06/09 17:38
子供なんて残酷なもので、そんなあだ名で呼ぶなと言っても、必ず隠れてやるし、よりエスカレートしますよね。

おなか痛いからお休みしない子に鍛える方が正しいと思います。

オトナになったら、ママは守ってくれませんしね。

そういうときの気持ちの逃がし方とか戦い方を教えるべきですね。
くぼごん
2015/06/09 18:22
ナースママさん、ご意見はごもっともです。

ガマンしないと見えてこないこともあるし、厳しさと向き合うことも大切でしょう。

俺が言うのは、向き不向きの問題で、好きになれそうにない仕事を続けるのはムダかなと思っているからです。

ただ、辞めてはいけないという周りの呪縛のせいで、ストレスで自殺したりして欲しくないんです。

いろんな仕事をやり、自分に合ったものを見つけていく。

そういう勇気とかチャレンジも大切かな、と。
くぼごん
2015/06/09 18:25
おはようございます、先生。
「子供と向き合う」ドキッとしました、この言葉。今まで、可愛い可愛いと娘を甘やかしてきてしまったので、困ればママが助けてくれる。と甘ちゃんな子に育ってしまいました。「来年は中学生だから、自分自身で考えて表現しましょう」と、少し距離を置いてしまった結果です。
おそらく私が、「この表現素敵ね。頑張った過程が想像できるよ。」などと言葉で褒めなくなったからです。
娘の頭の中に表現方法は多々あるようで、時々「え?そんな素敵な表現をするの?」と驚かされたこともあります。おそらく多読のせいもあるのでしょう。数冊同時読みをします。
これを、文字で表現できるように会話をもっと増やします。
ちなみに、昨日の振り返りは、的確な言葉で表現していました。「わかりやすい表現だね」と褒めると本人ご満悦のようでした。
2時間弱のお勉強時間は、本人が進んで行っています。達成感が心地良いようです。
復習中心で学校ドリルの反復と進○ゼミ。予習をすると授業がよく分かると楽しそうです。
昨夜は、社会のテスト勉強を一緒にしました。教科書内容の再確認。とても楽しかったです。
大人になると、指摘や注意されることが少なくなります。会社である程度のポジションになれば尚更です。ブログ経由ですが、先生の存在はとても大切だなと感じました。
ランまま
2015/06/10 10:13
らんママさん、少しはお役に立てたようでよかったです。

amoさん、スルーしたみたいになってすいません。

初コメントありがとうございまたし。

らんママさんへの回答で納得していただけたでしょうか。

何かをしないのには、しない理由があり、すねにはする理由があります。

それをきちんと分析し、対応していかないと、ただ強制力かけても反発するだけになってしまいます。

いいところは大げさなほど評価し、悪いところは感情的にならずにじっくりと話し合いましょう。

根底に親の愛があるとわかれば、お子さんも言うことはきくはずです。

くぼごん
2015/06/10 18:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
スマートボールライフ シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる