シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 点をつなぐ

<<   作成日時 : 2015/05/20 16:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝は5時半に起きて、今井先生とカヤッキング。

釣果はイマイチだったが、久しぶりの海の上は気持ちよかった。

画像


そして、8時半に帰宅して、朝御飯を食べてからテニス。

もう体を酷使しまくり。島倉千代子。

画像


さすがに56歳にはこの連チャンはきつかったらしく、昼飯食べてから爆睡。シエスタおやじと化してしまった。

「そこまでして遊ばなくても。」とよく言われるのだが、Life is very short、体が動くうちに何でもやっておきたい。

人生なんて不思議なもので、現在と言われるものは点でしかない。

今はこの瞬間にも過去に変わり、思い出だけが増えていく。

未来は不確かな妄想でしかなく、そこに幾許かの希望を見いだせれば、点としての現在も楽しめるのである。

どんなお金持ちも美女も天才も、死ぬときに持っていけるのは思い出だけ。

だからこそ、多少ムリしてでも、記憶に残る一日を増やしておきたいと思うのである。


中2の国語の教科書に、椎名誠の「アイスプラネット」という短編が出ている。

画像


いそうろうしている「どんちゃん」というおじさんが、定職にもつかず、金が貯まると旅をするということの繰り返し。

そんなおじさんとそのおじさんの話に影響を受けた少年の物語なのである。

話としては面白くていいのだが、これを教える学校の先生にどこまでどんちゃんの気持ちが理解できているか、少し疑問に思った。

俺や飯貝くんは明らかにどんちゃん側の人間であり、ごく当たり前に旅をし、貪欲なまでに風景を心に刻んで帰ってくる。

画像


教える側に夢や希望がなければ、生徒の点としての現在を明るい未来にいざなうことは出来ない。

先日、塾見学に来たとある講師の方に、「あなたの夢はなんですか。」と尋ねたところ、絶句しまい、結局なにも出てこなかった。

我々の仕事が教科や単元を分かりやすく教える程度のものなら、こんな仕事、クソつまんなくてやってられない。

教える側は、夢や未来の素晴らしさを熱く語り、行動し、ただ消えていくような点としての現在を上向きの矢印としてのベクトルに変えていかねばならない。

教育とは「夢を与えること」、それに尽きるのかもしれない。


とたまにマジメなことも書く筋肉痛の塾長であった。

未来を輝かせたい人はポチリ。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
点をつなぐ シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる