シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 入学式と小学生と深夜の宴会と

<<   作成日時 : 2015/04/09 09:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

花冷えのする昨日、公立高校の入学式だったので、寺西先生と小松高校へ行ってきた。

実のところ、次女のブラスバンドが入学式で演奏するので、その様子を録画してきて欲しいとかみさんに頼まれたのだ。

道中のクルマの中で、寺西先生にこんな質問をしてみた。

「もし、きみに子供ができたら、小松高校へ行かせたいか?」

「無理に行かせようとは思わないですが、本人次第ですね。」

「本人次第で勉強するような子にはならないよ。ある程度そういうふうに親が仕向けていかないと。」

「そうかもしれませんね。」


まあ、この時点では彼女もいない寺西先生は、将来の自分の子供の話はあまり興味がなさそうだった。

高校へ入ると、待合室に見慣れたうちの保護者の方々がいた。

「先生、わざわざありがとうございます。」とあちこちで言われる、実はうちの娘の動画を撮りに来たんです、とはさすがに言い出せなかった。(笑)


その中でひときわ目をひいていたのが、やはりすみや夫婦。ロックな感じでかっこいい。

画像


そのうち時間が来て、みんな大講堂の方へ移動。

俺と寺西先生はブラスの近くの保護者席へ座った。次女が気づいて手を振ってくる。次女の友人たちも笑ってる。

娘の友人受けはいいようだ。

しばらくすると、隣の寺西先生が、「よし、決めた。」と呟いた。

「何を?」と聞くと、「子供が出来たら、絶対にこの高校へ入れます。この雰囲気、超かっこいいです。」

そう言いながら、「この決意を忘れないように写真撮っておこう。」と、入学式の風景をスマホにおさめる寺西先生。

やはり小松高校の持つ場のチカラはすごいものがある。

以前、一緒に来た上原先生も、「娘をぜひこの高校へ入れたいです。」と参加した後にもらしていた。

うちは二人とも送り込めたので、もう満足なのだが。


帰りは二人でそのままシップスへ。

今日から新小2、小3の国語クラスと、新小4のクラスが始まる。

新しいクラスが始まるときは、こんな俺でもかなり緊張するものだ。

せっかくシップスに来てもらったんだし、笑顔で帰したいという思いが強い。

それでも、厳しく言うことは言う。

最初のプリントを配ったとき、低学年クラスの子供たちが、「むずかしそう。さっぱりわからーん。」とか言いだした。

「いいか、君たち。やる前から難しいとか分からないとか弱音を吐いてはいけないよ。それはかっこ悪いことだ。ただのグチだし、言い訳してるだけ。そんなこと言っても、点数はひとつも上がらない。そんなこと言うヒマあったら、どうにかしてみようという前向きの気持ちで問題に取り組みなさい。今後、シップスでは二度と難しいとか出来ないとかいう泣きごとは言わないように。」

小さな子どもたちは真剣な顔で深く頷いて聞いていた。

それでも感想の紙には、「難しかったけど、楽しかったです。」と書いてあった。良かった、良かった。

画像


夕方過ぎから、入学式を終えた新女子高生たちが、制服を見せにきてくれた。かわいいやつらだ。

画像


画像


もちろんお約束のツーショットもパチリ。日本一ツーショットの多い塾長かもしれんな。

画像


画像


みんなシップスが大好きで、卒塾したくないと言う。

「おまえら、塾好き過ぎやろ。」と言うと、「ここは第二のおうちなんです。」なんて言ってくれる。

そんなこんなでいろいろとめでたい日だったので、イケてるすみや夫妻とともにかどや喰堂で飲み会。

上ちゃんも参加して、深夜二時までの楽しい宴。

画像


途中から飯貝先生の友人で、このブログのファンである方も参加して、いろいろ仕事や教育について語り合った。

俺が残してきたもの、与えてきたもの、いろんなものが人に沁みていて、嬉しさとともに少し怖くもなった。

俺はまだまだやらなきゃいけないことが多いようだ。

冬のように冷たい夜風に吹かれながら、少し自分の気持ちを引き締めた。


まだまだ俺に期待している人はポチリ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
入学式と小学生と深夜の宴会と シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる