シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 限りなく不透明に近いブルーとありえないコンプレックス

<<   作成日時 : 2015/04/08 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

木曜から高1コースが始まるので、小教室に新しい机とイスとホワイトボードを入れた。

せっかく新しく立ち上げるのだから、何もかも新しくしたかったのだ。

カーテンも濃いブルーにしてみた。

しかし、部屋の隅に座敷わらしが三匹いる。(笑)

画像


これで気持ちよく高1を迎え入れる準備はできた。後は飯貝先生の愛のチカラで伸ばしてやってもらいたい。


濃いブルーと言えば、沖縄で人を色に例えるコーナーを飲み会でやったとき、俺のイメージとして一番上げられたのが、紺色というか、濃いブルーであった。

きっと海のイメージから来ているのだろうが、底の見えない深さと、安定した落ち着き、包容力の大きさなんかもイメージしているようだ。

画像


フェイスブックにこんな写真載せて、「俺は何をやっても絵になる男だ」と書いたところ、「そういうところが好きです。」と男性二人にホメられた。

突き抜けたナルシストぶりはかえって清々しいらしい。

上の写真でもTシャツは紺を着ている。


今はこんなに自分のことを好きな俺だが、中学や高校時代はコンプレックスの塊だった。

なで肩だし、細すぎるし、筋肉つかないし、耳が少しとんがっているし、嫌いなところだらけだった。

それでもいろんなことを乗り越えて自信をつけるたびに、細かいことが気にならなくなってきた。

最近は大きなコンプレックスというものはない。

老いて皮膚に少しタルミが出てきたぐらいか。年相応になりつつある。


今、うちの娘たちが思春期ど真ん中でコンプレックスをいろいろ抱えている。

大抵は過剰に感じ過ぎていたり、それ以前に直すところがあったりするようなレベルのもの。

顔がどんなにかわいくても、姿勢が悪ければ話にならないし、脚がどんなにきれいでも、歩き方が下品なら、何の魅力もない。

まずはしぐさの美しさにこだわってもらいたいのに、容姿のことばかり気にかけている。

ちなみにうちのかみさんに、今のコンプレックスを聞いてみた。

しばらく「うーん。」と唸りながら考えて、なかなか何も言わない。

「すげえな、さすがだ。なんもコンプレックスがない。」と俺が言うと、「いやいや、そんなことない。何かあるはず。」となおみさま。

大体、考えなきゃ出てこないものなんて、コンプレックスじゃないしね。(笑)

しばらくして、「ありましたあ。」と手を上げるなおみさま。

「一体どんなコンプレックスなんだ?」と聞くと、「超能力が使えないこと!」と真顔で答える。

おいおい、それはコンプレックスじゃないだろ。もともとみんな使えねえし。

きっと彼女の日々は楽しみに満ち溢れているんだろうなあ。苦しみのない世界。

さて、今日は高校の入学式。そっと顔出してくっかな。


コンプレックスが一つぐらいある人はポチリ。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先生の塾ではないのですがブログを読むでいる一人です 今日、ナマ先生を某高校の入学式で発見してしまいました‼︎ あ‼︎と思わず指を指してしまいそうになりました 若い男の先生に預けた?荷物を受け取ってる瞬間でした 芸能人を思わず発見した時ってこんな感じなんだなぁって思いました 先生は写真のまんまの方でした 今後も頑張ってください
一ファン
2015/04/08 18:31
ブログ読んでいただいて、ありがとうございます。

昨日は次女のブラスバンドの演奏を録画しに、小松へ行きました。

若いのは寺西先生です。芸能人とは、驚きです。

ただの背の高いジジイですよ。これからもよろしくお願いします。
くぼごん
2015/04/09 08:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
限りなく不透明に近いブルーとありえないコンプレックス シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる