シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 冒険のち発熱

<<   作成日時 : 2015/04/29 11:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の夜にいきなり発熱した。

悪寒で目が覚めて、体温計で測ったら、37.8度もあった。

日頃、低体温で36度ない俺からすると、超高熱。体温計握る手がガクガク震えていた。

そういえば、昨日小学生で一番前に座っていた子が、ゴホゴホ咳こんでいたっけ、なんてことを思い出しながら、再びに床に就く。

朝からカヤックで出る予定もこれでおじゃん。寺西先生と飯貝先生にラインでその旨を伝えた。

三人ともかなり楽しみにしていたために、かなりのショック。早く良くなりたいものだ。


昨日は、ちぐさ先生と寺西君とともに橋立から海へ出た。

ほぼベタ凪の海へ二艇で漕ぎ出すと、ほんのり潮の匂いを含んだ湿った風が心地よい。

画像


水平線しか見えないシンプルな世界に、ちぐさ先生は大感動。

「何にもなくって気持ちいいーっ!」と気持ちよさげに叫んでいた。

今回は釣りよりもアドベンチャーメイン。加佐の岬の向こうにある洞窟まで、かなりの距離を漕いでいった。

1人艇の寺西先生は、必死の面持ちでついてくる。

俺とちぐさ先生はのんびりとパドルを操る。それにしてもかなりの距離なので、次第にちぐさ先生の手の皮がむけ始めた。

それでも頑として漕ぐのをやめない。さすが強い女だ。

やっと辿り着いた洞窟の前には、少し高い波が立っていた。しかし、ここまで来たんだ、入りたい。

意を決して波に乗ると、意外にすんなりと洞窟の中へ。

入った瞬間に、中から大量の鳥が飛びしてきた。コウモリかと思ったら、海ツバメであった。

画像


「すごいな。」とため息をもらす寺西先生。

「こんなの味わったら、アミューズメント・パークなんて規模が小さくて行く気しなくなるだろ。」と俺。

手を痛めてまで、漕いできたからこそ味わえる感動だ。

しばらく洞窟の中を楽しんでから、近くのビーチへ上陸。

ここは周りからアクセスする方法がないので、ほぼプライベートビーチ。

画像


しばらく休んでから釣り開始。

すごいアタリが来て、竿が引き込まれたが、水面やや下で痛恨のバラシ。

その後、15センチぐらいのかわいいカサゴを一匹釣って終了。

寺西先生は沖縄以来の三連続ボウズ。

それでも一度アタリはあったらしく、次回に向けて気合いを入れ直していた。


さて、ブログを更新しているうちにどうやら熱も下がってきたようだ。現在37.2度。もうひと押しである。


早くよくなって欲しいと心配してくださる方はポチリ。



寺西先生のブログもよろしくね。

http://ameblo.jp/462462abc/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冒険のち発熱 シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる