シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 言葉はいらない

<<   作成日時 : 2014/12/20 12:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今朝を起きたら、一階の和室の明かりがつかなくなっていた。

よく見ると、天井の照明器具が取り外されていてない。

かみさんにどうしたんだ、と問うと、

「あっ、つくのに時間がかかるので、そろそろETCに換えようと思って捨てちゃった。」とのこと。

天井にETC。(笑)

「あ、LEDのことね。」と軽く受け流す俺。

天然と33年も付き合うと、この程度のことではビクともしなくなった。


その後、朝からゾンビ映画を見ていた。

「カジノ・ゾンビ BET OR DEAD」ってやつ。

ほんとにくだない映画だった。なんでこんな目新しくもないゾンビ映画に金出すんだろう。

主演のエヴァレナ・マリーが少し好みだったので、ついつい見てしまった。

画像


昨夜は「土竜の唄」という邦画を次女と見てたが、「こんな映画、絶対映画館で見たくない。」と次女が吐き捨てるように言っていた。

どうやら友達が、これをロードショーで見に行ったらしい。

いい映画や音楽や本を教えるのも親の役目だと思っているので、うちの子にはいろんないいものを見せて聞かせてきたつもりだ。

そのおかけで、少しはバカなものに金使わなくて済むようになったようだ。

画像


先日、友人の女性から「アライバル」という文字のない絵本をいただいた。

これがもう見事に素晴らしくて、何のセリフもなく、出来のいいサイレント映画のように物語が進行する。

画像


移民の不安さと家族の絆を描いたファンタジーなのだが、その世界観に圧倒されてしまった。

クリスマスプレゼントには最適ですな。

その後、「草原の実験」という映画を見た。

これもセリフの全くない映画。

不思議とこういうことが続く。

今の俺には、言葉が多過ぎるというのか。そんなことまで考えてしまう。

この映画も名作で、美しい少女を巡る恋の物語。

画像


こういういいものをきちんと静かに受け止められる感性を持った大人がどのくらいいるんだろう。

俺の生徒には少しでも感性を磨いてもらいたいものだ。

授業はひとつのそのツールであり、成績を伸ばすためだけのものではない。

そういうこと考えて塾やっている塾長はそんなにいないかもしれないなあ。

まあ、業界の異端児として、変な塾を続けていこう。

今日はこんなところ。夜は金沢で塾長ミーティングと称した飲み会。

いろいろためになる話を聴いてくっかな。

感性のいいあなたはポチリとね。


石川県ランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
読んでくださってありがとうございます☆
あき
2014/12/21 00:51
こちらこそ感謝しています。いい本をありがとう。
くぼごん
2014/12/22 11:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
言葉はいらない シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる