シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋風のサマータイム

<<   作成日時 : 2014/09/10 17:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

朝五時前に起きて、アプリで波の高さと風向きを調べる。

今日もコンディションがいいみたいだ。迷わずカヤックの準備をして出かける。

少し明るくなりかけた空を眺めながら、蓮の花の咲く道を走りぬけ、いつもの砂浜に辿り着く。

カーステレオから、若手の女性シンガーのサマータイムが流れてくる。

秋の始まりに聞くサマータイムはそれなりに哀愁を帯びて、朝焼けに彩られた海に似合っている。

相変わらずアオリとカマスを釣ってしまった。

今日は星稜高校の塾向け説明会があるので、早めに上がらねば。

9時寺西くんとシップスで待ち合わせて、ホテル金沢へ。

以前ここで説明会があったとき、駐車場がすぐにいっぱいになったことがあったので、早めに来たのだが、それでも駐車スペースはあまりない。どうにか1台分見つけて車を滑り込ませた。

案の定、後から来た塾長たちは、右往左往して駐車場を探すことになった。

上原塾長もそれに巻き込まれて大変だったとのこと。

説明会自体は完結にまとまって時間通りに終わった。

画像


星稜高校の昨年度受験者数2307人、うち不合格者はたった17人。

受験の目安は、各地域の統一テストの平均より20点ほど高いレベルとのこと。260点ほど取れていればいいってことか。

特待生合格者数は360名ほど。うち入学したのは7名。まあ、特待生に受かるレベルの子なら公立の上位校に合格するので、そっちへ行ってしまうのだろう。

東京では明らかに私立のほうが力上位で、進学実績も凄かったのに、石川では私立は滑り止め的な要素が大きい。

せっかくの私教育なんだから、もっと公立に出来ないことをアピールして、実績も超一流にすればいいのに。

東大20名以上合格させられる私立ができれば、石川の教育環境もかなり変わるだろうなあ。

驚いたのは浪人率が8%ということ。

俺たちの時代は一浪はヒトナミと言われ、一流大学の合格者の70%は浪人生だった。

やはり経済状態が悪いせいか、浪人せずになおかつ多少レベル下げても国公立へ進む生徒が増えているようだ。

説明会に来ている塾関係者たちは、小柄で地味なおっさんたちが多かった。

全体がグレイな感じ。もう少しなんとかならんのかな。ダンディズムを追求してもらいたいなあ。

帰りに上原塾長と寺西くんと三人で、白松隊員がシェフやっている野々市のプリマベーラへ。

画像


いろいろ歓談して別れた。上原くんは天体望遠鏡を買いたいとのこと。生徒に星を見せてやりたいらしい。

夢のある塾長になったものだ。ロマンは生きる糧。

帰り道に山代中学の体育祭を少し見学。高校に比べるとお遊戯みたいな感じ。

それでもみんな一生懸命やっているのだろう。

いつから運動会は体育祭と名前を変え、個人競技がなくなってしまったのだろう。

そして3年生の謎のダンスがメインとなってしまった。

自分が中学のときは、走り幅跳びとかあったし、ラストは全員参加の4キロマラソンだった気がする。

競わせないとプライドも育たないのになあ。


明日もいい天気。また朝から海へ出よう。


ポチリの半分は気配りでできています。後は愛情。笑



石川県 ブログランキングへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私が滑り止めで受けた私立高の名前を今となっては全く思い出せません。
でも、その高校で受けた面接は忘れられません。
質問で将来の夢を聞かれ、
「できたら、絵を描くことを仕事にしたいです。」
と、確固たる決意もなく夢を語ったら
「まぁ、夢ですからね」
と、ばっさり斬られました。
大人は子供の夢は応援してくれるものと甘えたことを思ってたのでビックリしました。
他の子もバッサバッサと斬られてて笑ってしまいました。
良い思い出です。
でも、今でもちょつと悔しくて絵で稼げないかなって思うことがあります。
長文で失礼しました。
愛読者
2014/09/12 17:09
愛読者さん、ステキなエピソードありがとうございます。

その日の面接官、家庭でイヤなことでもあったんですかね。

是非絵を描いてください。
くぼごん
2014/09/13 08:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋風のサマータイム シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる