シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS たまには論語

<<   作成日時 : 2014/03/02 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まず日曜の分の書きなおし。

日曜は昼から中3補講やってたが、国語の問題に論語が出てきて、これがなかなか良かった。


子路問君子。子曰。脩己以敬。曰。如斯而已乎。曰。脩己以安人。曰。如斯而已乎。曰。脩己以安百姓。脩己以安百姓。堯舜其猶病諸。

子路君子を問う。子曰く、己を脩めて以て敬す。曰く、斯の如きのみか。曰く、己を脩めて以て人を安んず。曰く、斯くの如きのみか。曰く、己を脩めて以て百姓を安んず。己を脩めて以て百姓を安んずるは、堯舜も其れ猶諸を病めり。

「子路が君子の道をたずねた。先師がこたえられた。大事に大事に細心な注意をはらって、自分の身を修めるがいい。子路――それだけのことでございますか。先師――自分の身を修めて人を安んずるのだ。子路――それだけのことでございますか。先師――自分の身を修めて天下万民を安んずるのだ。天下万民を安んずるのは、堯舜のような聖天子も心をなやまされたことなのだ」

ふむふむ、君子にというのは、自分の身を修めて周りを安心させる人のことらしい。

これは正しいな。自分のために学ぶのではなく、人を安心させるために学ぶ。

今の政治家でこんな人、何人いるのだろう。保身で忙しいだけ。

日本ほど政治家が信じられていない国も珍しいかもしれない。私腹を肥やすイメージしかない。あるいは、暴言吐いて、叩かれるイメージ。

トップレベルの大人がこうだと、子供たちも夢も語れないな。

最近の子供は、昔の子供たちに比べて、夢を語らなくなっている。

「普通でいいじゃん。」そんな匂いがぷんぷんする。

人と同じなら恥ずかしくない。本当にそうなのか。恥ずかしくはないけど、感動はないんじゃないのか。


萩本欽一の息子が大学出て就職するとき、銀行を選ぼうとしたら、欽ちゃんが止めたと言う。

「大学出て、銀行じゃ普通でしょ。大学出た人がやらないような仕事に就きなさい。」と。

これ、なかなか親なら言えないセリフ。

うちのムスメは何になるのだろう。俺の全く知らない世界で活躍してもらいたいな。

その方が俺の視野も広がる。ww


少年が大志を抱けるような世界を作るのがオトナの仕事なんだろうね。

写真は子役から活躍し続けている女優二人。どちらも好き。

画像


画像


今日もひとつ、ぽちっとしていただけると嬉しいです。現在石川県&北陸ブログ3位。更新しないとね、(笑)。


石川県 ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
たまには論語 シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる