シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 響け、愛の歌

<<   作成日時 : 2014/01/30 14:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、「日本は幸せな国だ。この国で自ら命を絶つ人間は、弱い心に支配されただけだ。」と書いたら、以前に質問してくれた生徒から新しい質問がきた。

「いつから日本はそんな弱い人間を育ててしまう国になったのでしょうか。」と。

これは難しい問題だ。

人は常に便利さや快適さを目指し、文明を進歩させてきた。

しかし、快適になればなるほど、生きるチカラは目減りする。

温室育ちの花が、冬の石川の屋外では枯れてしまうように、甘い世の中で育てられた人は、世間の当たり前の厳しさにも耐えられない。

不便な昔に戻れと言っても、快適さを知ったあとには不可能だろう。

だから、親が厳しく育てるしかないのだ。

「弱い人間を育てる」のは国ではなくて、親。

国がどんなにぬるま湯になろうと、厳として生き方として筋道の通った子育てをする親がいる。

うちのルールが厳しければ、外に出ても耐えられる。

うちの中がぬるければ、外へ出てすぐ風邪をひく。

教育の8割は家庭なのだ。

自分で何かを乗り越えてこなかった親は、子供にもそれがムリだと思い、壁を作る。

しっかり生きてきた親は、自分が出来たのだからと、子供にも自立を叩きこむ。

だからこそ、子供たちには今を逃げずに育ってもらいたい。

負は連鎖するし、正も連鎖する。次の世代にきちんとした戦い方を伝えてもらいたいいのだ。


今日、県内トップの県立高校へ行った生徒のお母様からお手紙をいただいた。

「高校でも頑張っております。SIPSに通ってからよく口にするようになったプライドが、彼の中で生き続けていることをすごく感じます。高校に行ってキラキラしています。先生のおかけで楽しい高校生活を送ることができています。ありがとうございます。」という内容のものだった。

少しうるっときた。

鍛えた生徒が人生を楽しんでいる。こんな嬉しいことはない。

俺の言葉が響く人間がいれば、聞き流す人間もいるだろう。

でも、ほんのひと握りでも言葉が沁みてくれれば、それが俺の生きている意義となる。

さて、今日も楽しく戦う方法を伝えに行くか。

画像



今日もひとつ、ぽちっとね。現在石川県ブログなんと1位。みなさんのおかげです。


石川県 ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
響け、愛の歌 シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる