シップス塾長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨の日のせつなさ

<<   作成日時 : 2013/10/25 17:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は雨。

テレビ見たり、ゲームしたり。あんまり有意義な日ではないな。

昼飯食べに、新しい焼き肉屋さんへ行ったら、準備中の札。12時過ぎなのに?

ドアは開いている。不思議に思い、中に入ってみるとやっていた。

「看板、準備中になっていますよ。」と教えてあげた。

そのせいかいつも混んでいる店がガラガラ。店としても不思議だっただろう。

これは今日の幸せスイッチになるのか。


先日、総湯へ行ったら、母に似た年恰好の老人がいた。よく見ると全く似てないのだが、はっとしてしまった。

ついつい70後半の女性に親切にしたくなってまう。やり残した親孝行への負い目なのだろうか。

そんなに親孝行はできなかったが、そんなに親不孝したこともない。

特に母の言葉に逆らったり、ひどい言葉を投げつけたり、暴力をふるったりなど一度もない。

うちで一番大変な思いをしてやっと生きている人に、これ以上負担をかけるのは男らしくないと思ったからだ。


先日、ある生徒のお母様から、「勉強しなさい。と見かねて言うと、暴れるんです。」と相談されたことがあった。

小さな頃からご飯作ってもらって、病気の看病もしてきた母親によくそんなひどいことができるものだ。

俺はそういう子にはかなり厳しく接することにしている。

その結果退塾してしまう場合もあるが、人としての基本を守れないやつを教える気にはならない。

母が誇りに思える息子でいろよ。そんなことたやすいことだろう。

母も息子が誇りに思えるように凛としてなければならないが。


幼稚園の近く通ると、無垢な笑顔の園児たちが遊んでいる姿が目に入る。

そのうちの数名が小学高学年からおかしくなり、中学入ると、授業中に歩き回ったり、暴言を吐いたり、物を盗ったり、壊したりするようになる。

誰があの子に汚い色をつけたんだろうといつも悲しく思う。

責任はもちろん親にある。

子育ては厳しくしないと、後で自分が酷い目にあうだけだ。

厳しさという優しさをいつも意識しておいてもらいたい。

定期テストの点なんて悪かったら、高校行かせなければいい。本当にそう思う。

学生の本分である勉強をしないのだから、本人の要求など飲まなければいいんだ。

そこまで腹をくくらないと、子供が親をなめることになる。

社会にちゃんと送り出してやるために、まずはルールを守ることを教えていただきたい。

無垢な園児をそのまま無垢で育ててほしいものだ。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨の日のせつなさ シップス塾長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる